« 評「エレンディラ」 | Main | 評「シラノ・ド・ベルジュラック」 »

評 「Mr.レディ Mr.マダム」

劇評 by yumirin 2007年09月04日 15:06
------------------------------------

3日は、新宿の「シアターアプル」へ。

「Mr.レディ Mr.マダム」

<CAST>
ジョルジュ:       左とん平
アルバン:        矢崎滋
ジャコブ:        パパイヤ鈴木
ミュリエル:       小野真弓
ローラン:        杉浦太陽
ジョルジュの元女房: 臼間香世
デューラフォア:    鶴田忍
デューラフォア夫人: 沢田亜矢子


ゲイの家族を描いたコメディー。

皆さん、知名度の高い俳優さんばかりなのですが、スタジオでテレビドラマの撮影を見学している様な気分でした。

台詞の発声、動きが小ぶりで、舞台のスケール感が感じられませんでした。
(歌舞伎やシェイクスピア、ミュージカルに慣れてしまったからでしょうか....?)

「お茶の間で人気の俳優さんだから観に来た」と言う観客さんには、舞台っぽいものよりテレビっぽい方がウケるのかも。

パパイヤさんも、もっと大胆なダンスを見せつけてくれるかと思ったのですが。

本は良く出来ていて、心温まるコメディでした。

太陽君は、本当に可愛らしくって、とても26歳、もうじきパパさんには、見えませんでした。

矢崎さんの女装(こういうオバサンいそ~う。)と感じさせてくれました。

|

« 評「エレンディラ」 | Main | 評「シラノ・ド・ベルジュラック」 »

劇評」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27993/16421237

Listed below are links to weblogs that reference 評 「Mr.レディ Mr.マダム」:

« 評「エレンディラ」 | Main | 評「シラノ・ド・ベルジュラック」 »