« August 2012 | Main | February 2013 »

国立劇場11月歌舞伎公演「通し狂言 浮世柄比翼稲妻

Photo分割された一部が上演されることが多いこの狂言だが、やはり通しで観ると楽しい。
流石に長いので、同じ3階席にいたどこかの学生さんたちはくたびれてたが(笑)。
台本を買って確認すると、通し上演用によい感じに書き換えられていて、分かりやすく工夫されているのがわかる。
単独上演でもこの本で良いのではなかろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

舞台「サクラ大戦奏組~雅なるハーモニー~」開幕2日目

Hp3サクラ大戦シリーズの舞台最新作を観ることができた。
会場は久しぶりのスペース・ゼロ。
先日、舞台「タップジゴロ」の幕間で広井王子さんとお逢いした時にもお話したとおり、ここは、作劇や演出が難しいハコだと思う。
どういう演出になるのかなとワクワクしながら会場に入ったら、なんと、モギリの横で田中公平先生が御出迎え?
と、驚いたら、私の隣にノン子さん(日高のり子さん)が。
あービックリした(笑)。

さて、舞台はというと、予想通り音楽が素晴らしい。
個人的には、秀逸な楽曲にあふれる「サクラ大戦」の音楽の中でも、史上最高の楽曲の一つではなかろうかと思っている主題歌「円舞曲、君に」の初めて聞くフルバージョンに感動。
そして、予想を上回ったのは、ストーリー・演出・作劇。
過不足なく原作が活かされており、舞台版オリジナルの4人が担った8役が原作の世界を壊すことなく、舞台に必要な進行役と影の面を丁寧に構築している。
劇場を思わせる幕無しのセットは駅にも街角にもなり、扱いの難しい異形の敵=降魔をどう登場させるかの工夫も特筆に値する。
奏組の生身の戦闘は(花組や星組の量子甲冑によるロボット対決に比べると)より舞台に合うだろうと思っていたが、奏組ならではの楽器による戦闘はまさに舞台向きで、漫画では表現が難しい楽器のハーモニーやソロを戦闘に活かす演出には「お見事!」と。
かなり周到な準備をされたのではないだろうか。
対して、舞台での踊りながらのソロ歌唱(しかも時には大きな楽器を抱えて)の経験が豊かとは言い難い男優陣の歌は、まだ発展途上な場面も。
全14公演でどこまで伸びるか、できたら千穐楽あたりでもう一度劇場に行きたいなあ。

さて、終演後、今回はアフタートークショウがないのでキャスト全員によるお見送りが。
私もキャストの皆さんに手を振りながら「イケメンばかりだなあ♪」とニコニコしながら前を通り、「あら可愛い」と思いつつヒロイン音子ちゃんの前に差し掛かったら、反対側から一人の女性が音子ちゃんの前に突然登場して声を掛けた。
「え?」という顔をする音子ちゃんと私。
これが、なんと、○○さん(サクラ大戦で10年以上帝都花組を演じている女優さんのお一人)!
もしかすると、初対面なのかな? 音子ちゃんはかなりビックリしてたような。
実は、原作では音子は有り得ないほどの不運により、花組メンバーとは一度も逢えていないという設定なので、私はこの出来事で頭がトリップしてしまい、
「ああ、やっと、音子が花組さんに逢えたんだ…良かった良かった」
などと危なく涙ぐみそうに(笑)。
わはは、われながらハマり過ぎだね。

ということで、この舞台は11/11まであと12公演。
「サクラ大戦」を遊んだり見たり読んだりしていない方にもお勧めします。是非どうぞ。
詳しくは下記にて。
http://sakura-taisen.com/kanade/event/live2012/

【11/4 加筆】
「スペースゼロは作劇・演出が難しい」と思うことについて、ご質問をいただいたので追記します。
ホールのオフィシャルサイトの案内ページをみるとわかる通り、スペースゼロは多目的な、いわばミニ・アリーナです。
今回は「はりだしステージ」タイプで、袖にハケるのが難しく、舞台後方のサブステージを活用せねばなりません。
しかも、座席はプロレスなどで見られる仮設階段式になっていますので、座席通路を演出に用いるのはリスクがありますし、音響も決して良くないと思います。
ネタバレになりますので、詳細は書きませんが、こういう状況の中で、今回は良く工夫しているのではと思うわけです。
さて、このことを調べていたら、今回の客席図を見つけました。こういう形だったんですね。納得です。
http://www.spacezero.co.jp/wp-content/uploads/2012/09/サクラ大戦客席図.pdf

※「サクラ大戦で10年以上帝都花組を演じている女優さんのお一人」については当初実名表記にしていましたが、ご本人がブログなどで情報掲載されていないので、匿名にしました。ご了承ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2012 | Main | February 2013 »