沢田研二コンサート

東京国際フォーラムA。
4月に亡くなられた加瀬邦彦さんの追悼を兼ねたとのことで、新曲以外は全て加瀬さん作の昭和のヒット曲と隠れた名曲。
1曲目から「危険なふたり」で会場全体がノリノリになり「あなたへの愛」「ゆるされない愛」「白い部屋」「恋は邪魔もの」と続いて「追憶」と「おまえがパラダイス」で昭和気分全開(笑)。
ビックリしたのは「追憶」のB面の「甘いたわむれ」を歌ってくれたことでレコードで何度も聞いてた"隠れた名曲"と思っているので嬉しかった。
新曲4曲をはさんで(ここで周囲のおばさま方はロビーへぞろぞろ出て休憩タイム(笑))「恋のバッドチューニング」で再び盛り上がり、アンコールに「TOKIO」で最高潮に。
ジュリーの声は前半はイマイチだったけど、中盤から伸びと色気が復活して(彼曰く「輝いていた頃」の色気とは違う60男の色気だけど)何より。
写真は帰宅後に事務所を漁った結果。
レコードは捨てられないんだよねぇ(笑)。Kimg0443


| | Comments (0) | TrackBack (0)

劇団扉座ミュージカル『バイトショウ』☆CLUB DOORSプレオープン会見

Title_logo2002013/9/28に東京・すみだパークスタジオ内稽古場で開催された、劇団扉座のミュージカル『バイトショウ』CLUB DOORSプレオープン会見に参加させていただいた。扉座さんの稽古場イベントへの参加は、第46回公演「新浄瑠璃 朝右衛門」扉座・レイネット音楽劇『オリビアを聴きながら』以来で、毎回、舞台への期待がどーんと広がる、そして、俳優と演出家の熱量を全身に浴びられる貴重な機会。今回も、仕上がり間近の新曲やシーンの一部を拝見し、座長である横内謙介さんからのアナウンス、出演者へのインタビューなど充実した時間となった。

Tobiraza1_3

前半の楽曲・舞台披露では、客演である五十嵐可絵さん&柳瀬大輔さんの圧倒的な歌唱力と存在感に対して、横内さんいわく「なんちゃってミュージカルの権化」である扉座メンバーがガッチリと受ける姿を観て「やはり、これは扉座の舞台だ」と納得した。また、毎年「ピーターパン」などへの外部出演で腕を磨いている鈴木里沙さんが名曲「ヨイトマケ」を思わせるハードで切ない新曲を歌い上げる姿に泣かされそうになり、有馬自由さん率いる劇中の小劇団が全力で「小劇団!!」する姿に照れ笑いを隠せなかった。これらの強烈なパーツが、本番でどうまとまるのか。横内さんの繊細な剛腕にかかれば、成るべき姿に成ることは間違いないが、若干のスリルを感じつつ本番を楽しみにしたいと思う。

Tobiraza5_2

さて、後半の会見では、今回の音楽監督・作曲・ピアノ演奏を担当する深沢桂子さんからの「宣戦布告」のような挨拶に引き込まれた。横内さんの「音楽の力を信じている」脚本のために、音楽面の全てを買って出たのだという。

Tobiraza2_2

出演者の一人で映画「夢売るふたり」での好演が光った江原由夏さんからは、この深沢さんの楽曲の素晴らしさが語られた。ひとつ前の大阪での舞台の関係で、遅れて稽古に参加した座員であっても、楽曲に導かれるように合流できたそうな。これもまた「音楽の力を信じている」脚本あってのことなのだろう。

Tobiraza3_2

そして、会見の最後にはサプライズが用意されていた。なんと、今回は座長の横内さん自らが出演するという。これは今日まで出演者にも秘密にされていたようで、横内さんが深沢さんに音楽全般のみならずセリフもお願いする中で、決まったことらしい。横内さんの声の良さ、しゃべりの表現力の高さは俳優レベルであり、実は、家内や友人たちと「横内さんが出演されないのはもったいないなあ」と話していたほどである。以前、日本劇作家協会が開催した井上ひさしさんの追悼イベントで、劇作家が次々と作品の一節を朗読する場面があり、横内さんは見事なパフォーマンスを聞かせてくださった。俳優を兼ねている劇作家に勝るとも劣らないもので、惚れ惚れした覚えがある。ちなみに、ほぼ五十音順だったので、横内さんの後に出番が来たわかぎゑふさんは「野田(秀樹)さんと、横内さんの後に読まされるなんて、どういう罰ゲームだろう」と嘆かれていた(笑)。

Tobiraza201309

ということで、いつも「周囲に無条件に勧められる」扉座の舞台を、今回も自信を持ってお勧めしたい。「ダサクールなNY形式・純国産・人情ミュージカル」、皆様も是非! 詳細は下記をどうぞ。

words by mau(HIRANO Masaki)

---------------------------
http://www.tobiraza.co.jp/kouen/kouen2013/beitshow_201310.html

劇団扉座第54回公演 厚木シアタープロジェクト ネクストステップ第4回公演
ミュージカル『バイトショウ』
Tokyo_omote500
そこは場末のライブハウス『DOORS』。
高校卒業後、上京以来、数々の職を転々としつつ、時に仕事、時に借金、恋もバックれ、ひたすら自分の立つステージを探し求めてたくましく生きて来たシンガー・久保園チエのバイトとバックレの半生が歌と踊りで綴られる。
作曲家・深沢桂子自らがピアノ演奏し、ミュージカル界の実力者となんちゃってミュージカルの権化、扉座が創り上げる、ダサクールなNY形式・人情ミュージカル。
「トウキョーはうちらのバイトで回っている……」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

わが心の歌舞伎座展@東武百貨店池袋店

Photo_2入った途端に足元には歌舞伎座大間の赤絨毯。
踏みしめた足から全身に懐かしさが広がって、早くも落涙。
大間で時を刻んできた柱時計や、登録有形文化財にもなった歌舞伎座の鬼瓦もある。
実物を見ることなどまず叶わない着到板(なんと、歌舞伎座さよなら公演 御名残四月大歌舞伎の実物)や通用口階段の大提灯。
目を上げると懐かしの正面扉があり、その先は写真撮影OKの花道体験コーナーが。
さっそく靴を脱ぎ所作板を踏んで鳥屋から舞台上の「暫」の衣装を見る。
座席も本当に歌舞伎座にあったもの。
気分は最高♪
歌舞伎座マニアの方、お見逃しなく。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

音楽劇『オリビアを聴きながら』ブログライター会見

Photo

8月6日(月)新宿村スタジオS2号館3スタジオで開催された、扉座・レイネットの音楽劇『オリビアを聴きながら』ブログライター会見に参加させていただいた。

出席者は作・演出の横内謙介さんと『オリビアを聴きながら』出演者から、
三木眞一郎さん、舘形比呂一さん、小牧祥子さん、
柳瀬大輔さん、柳瀬亮輔さん、花柳輔蔵さん、
伴美奈子さん、高橋麻理さん、安達雄二さん、松本亮さん、
建守良子さん、安部慎二郎さん、石井愃一さん。
(鈴木里沙さんは「ピーターパン」出演中のため欠席)
そして、ブログライター約20人。

「扉座が辿ってきた時代と、そこに生きた若者の夢と希望と挫折をテーマに、尾崎亜美さんの往年のヒット曲を紡いで 、豪華ゲストと扉座俳優陣がおおくりするドラマチックなエンターテインメント作品として昨年9月に上演。熱烈な再演希望の声にお応えして、今回、更にパワーアップして決定版として上演」
ということで、去年の初演を残念ながら見逃してしまった私は、ブログライター会見開催というお知らせを拝読し、喜び勇んで参加させていただいた。

まず、出演者から舞台にかける意気込みの表明があり、最後に横内さんから「台風が来てもやります!粉砕します!」と大きく極めて、質問コーナー開始。

「特に観てほしいシーン、見どころは?」という質問では、柳瀬大輔さんと師弟でタップを踏む安達雄二さんが「タップです。円形劇場を活かしたシーンを作ります!」と。
そして、敵役の青沼を演じられる演劇界の重鎮・石井愃一さんの「客席の何割かが『うん、わかるよ』と思ってくれるシーンを」が、50歳オヤジの私にはズシンと響いた。
また「オリビアを聞きながらという曲のイメージは?」という質問では、若き勝也役の花柳輔蔵さんが「勝也にとって痛い曲」。
舞台で歌う広美役の小牧祥子さんは「難しい歌です。でも楽しみたいと思います」と答えられた。
しかし、三木眞一郎さんは「ズバリ、プレッシャーです」の一言で、場内爆笑。
そして「初演との違いは?」という横内さんへの質問には、「ミュージカルの難しさもあり、より感情が伝わる作り込みをしています。尾崎亜美さん(音楽監督)にも協力してもらいました」と、これまた楽しみな返答があった。

会見のラストは出演者による劇中歌の披露で、息の合ったコーラスを聞かせていただいて終了。
会見全体の印象として、初演からの方に、再演からの方が見事になじんで、全員で初演を超える舞台を作り上げたいというパワーが感じられた。
私のような初演を見逃した方には「今度こそ」、初演を楽しまれた方には「今度も」舞台に足を運ぶことをお勧めしたい。

以下、http://www.tobiraza.co.jp/kouen/kouen2012/olivia_201208.html より引用。

【東京公演】青山円形劇場
前売券6000円/当日券6500円/学生券4000円(扉座でのみ取り扱い)

作・演出◎横内謙介
音楽監督・編曲◎尾崎亜美
振付◎ラッキィ池田/彩木エリ(イカキック)
歌唱指導◎黒瀬千鶴子
舞台美術デザイン◎中川香純
大道具◎島崎義行(プランニングアート)
照明プラン◎塚本悟(ASG)
音響プラン◎山本 浩一(サウンドクラフト)
衣装デザイン◎鈴木美夏(Balata)
ヘアメイク◎高村マドカ
演出助手◎大澤遊
舞台監督◎舛田勝敏(ダイ・レクト)

協力 
ビーズクラブオフィス
81プロデュース 舘形比呂一事務所 MY Promotion Inc. MIYAZU ROOM マック・ミック
オフィスボードビル

宣伝美術デザイン・写真◎田村寛(CREATION STUDIO -H-)

制作◎レイネット/扉座
製作◎扉座/レイネット

お問い合わせ

レイネット
〒151-0063 東京都渋谷区富ヶ谷1-19-7 コーポ・ラフォーレ富ヶ谷202 
TEL:03-3481-0428(11:00~18:00 土日祝を除く)/FAX:03-3481-0468
http://www.raynet-jp.com/

劇団扉座
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2-9-4-703 
TEL:03-3221-0530/FAX:03-3221-0532
http://www.tobiraza.co.jp

Photo_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ROUTE216パーティー

イベントレポート by yumirin 2011年01月23日15:25
---------------------------------
Photo_13
22日土曜日は、怪奇俳優(!?)新納慎也さんのFCパーティーでした。

東銀座の某ビル地下三階が、奇人変人の皆さんの収容所です。(笑)
とってもステキな収容所で、ランチビュッフェは、シーフードマリネやビーフシチューにラザニアなどの美味しいイタリアン。

ランチを食べている間に、交代でニーロとの2ショット撮影。
撮影とランチが終わり、ニーロのワンマンショーのスタートは、既に14時。

ステージにカッコ良く登場し、流れるテーマは「ウェディング・シンガー」

と!?声が聴こえない!
マイクのスイッチが入っていない!
気を取り直して、改めて歌いました。

こんな笑えるスタート。

その後は、ひたすらトークの嵐。

2年前の「トライアングル」「リリーズ」に始まり、「トーク・ライク・シンギング」「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」「ガラスの仮面」「アジアン・スイーツ」
それぞれのとても公に出来ない危ないエピソードを延々と語るわ、語るわ。
まるで関西のオバハン。

さらには、ゲーム大会や質問プレゼントコーナーなど、盛り沢山のキ印大会でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「アンナ・カレーニナ」製作発表@第一ホテル東京五階「ラ・ローズ」

イベントレポート by yumirin 2010年11月11日14:46
----------------------------------
Photo_8
行って参りました第一ホテル東京。

参加者は、一路真輝さん、瀬奈じゅんさん、山路和弘さん、伊礼彼方君、演出の鈴木裕美さん。
プレスの他に、150名のオーディエンス。(20倍近い競争率)
私は、前から四列目センター。
真正面が一路さんでした。

五年振りのミュージカル出演と言うことで、緊張気味の一路さん、娘さんの「ママ、歌っている時が幸せそうね。」の一言で、仕事復帰を決意。

宝塚時代も東宝でも、同じ役の多い一路さんと瀬奈さん、お互いに縁、運命を感じているそうです。

伊礼彼方君は「運命、偶然の出会い」について。
「この作品流に言うなら、過ちを繰り返したので、運命の出会いを待っています。」
「いや、失礼でしたね。今までの人とは、全て運命と信じ、付き合って来ましたよ!」(笑)
ヴロンスキーに関しては「小説では、背は余り高くなく、がっちりしている。頭は年齢の割に薄くなっているそうで、人間的に魅力があったのでしょう。」

山路さんは、カレーニン役がお気に入りだそうです。

演出の鈴木さん曰わく「山路さんは、色悪のイメージ。」

歌は、瀬奈さんと伊礼君のデュエット。

一路さんの残して来た息子を思うソロ。
素晴らしい熱唱で、観客の皆さん、目頭を押さえていました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中村誠治郎ファン感謝トークライブ

イベントレポート by yumirin 2010年10月31日 19:34
----------------------------------
Photo_5
本日は午前中から、時事通信ホールへ。

司会の沖直実お姉さま(イケメン研究家!?)の上手なリードで、楽しいお話を引き出してくださいました。

福岡時代の「丸刈り、ジャージ、財布はファミマのビニール袋」と言う猛者ぶりや、サラリーマン時代の出世話、怖い話・・・。
初恋の彼女との淡く悲しい思い出、スポーツ万能ぶりを楽しく話されました。

「骨折したときにクロゼット付けて、入院しないで会社に行きました。」
一同「・・・?・・・・?」

はい、賢明な読者の皆さんは、もうおわかりですね。
×クロゼット→○コルセット

骨折してるのに、たんす背負ってどないすねーん!!!

天然の底力は、腹黒いギャグもかないませーん!!!

そんな真面目で一途で優しくて、天然ボケの子犬のような誠治郎さん。

ツーショット写真では、クールに写ろうと思うのに、ワンコ好きなオバサンは、もう、にやけてダラダラになる寸前!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

劇団扉座「新浄瑠璃 朝右衛門」ブログライター会見

イベントレポート by mau 2010年11月14日
---------------------------------------
Photo_12すみだパークスタジオ第5スタジオで開催された、厚木シアタープロジェクトネクストステップ第1回公演&扉座第46回公演「新浄瑠璃 朝右衛門」のブログライター会見に参加した。

講義スケジュールの都合で途中からの参加になってしまったが、座長の横内謙介さんと出演者の皆さん、そしてなぜか司会の山中崇史さんによる楽しく熱気あふれるイベントで、今回の舞台にかける意気込みの強さに魅せられた。

前回、ここでブログライター会見が開かれた「新浄瑠璃 百鬼丸」(2009年再演)に続き、この舞台は横内謙介さんと歌舞伎浄瑠璃のホープ・竹本葵太夫さんが組んで挑む新作であり、横内さんによれば「大人が泣ける時代劇」。小池一夫さん原作の『首斬り朝』の舞台化であり、「幾たびも映像化の企画が生まれながらも、首斬り役人の物語という性格上、無惨な処刑シーンの描写を避けられず、実現困難とされていた伝説的な傑作」だという。会見中に出演者の一人も述べていたが、海外でも知られている作品であり、日本が世界に誇る漫画作品である。

ある程度、事前の情報を頭に入れて会見に臨んだ私は「これはリスキーで大変な舞台になるのでは」と思っていた。何しろ、テーマの第一印象が暗い。また、原作の作画をされた小島剛夕さんの絵は力強く美しいが古臭く見えるのは否定できない。加えて、今回は上演期間が短い。厚木で2日2回、新宿で5日6回しかないのだ。扉座の舞台は素晴らしいものばかりだが、評判が知れ渡るのに時間がかかることが多いから、これでは見るべき人が見る前に公演が終わってしまうかもしれない。

そんな心配をしつつ(しかも遅刻して大汗をかきながら)会場に着いた私だが、会見が終わる頃には「大丈夫だ、問題ない」と断言できる確証が心の中にしっかりできていた。会場に流れている熱気と明るさ、作・演出として横内さんがこの舞台にかける思いの熱さと冷静さ、そして、物語の一部を演じて見せてくださったときの出演者の迫力と自信と演技力の高さ。彼らの言う「30年の劇団力」が、この難物への挑戦を必ず成功させると確信できたのである。

ちなみに、写真の後方に映りこんでいるド派手なアーチは、この舞台のものではなく学校公演が中心の舞台「トラオ」のためのもの。この稽古中にも学校公演があり、やむを得ず置いてあるのだと思うが、どうにもこの会見とアンマッチで最初は違和感があった。しかし、後で写真をみると、これはこれで面白い。しかも、会見中、参加者からの「見どころは?」という質問に「終盤の祭囃子の大盛り上がりをぜひ」という答があったとおり、この舞台は暗い処刑の話ばかりではない。このブログをお読みの皆様、人々の命の躍動を伝えるこのドラマ、お見逃しなく!

厚木シアタープロジェクト ネクストステップ第1回公演
扉座第46回公演
「新浄瑠璃 朝右衛門」
~原作・小池一夫/作画・小島剛夕『首斬り朝』より~

作・演出:横内謙介

出演:
岡森諦 中原三千代 有馬自由 犬飼淳治 
高橋麻理 鈴木利典 岩本達郎 上原健太 
鈴木里沙 高木トモユキ 川西佑佳 安達雄二 
江原由夏 上土井敦 新原武 串間保彦 
栗原奈美 藤本貴行 鈴木崇乃 江花実里 吉田有希
オーディションで選ばれた市民(厚木公演のみ)

【厚木公演】
厚木市文化会館 小ホール
2010年11月27日(土)18:00開演/28日(日)14:00開演
【東京公演】
新宿東口 紀伊國屋ホール
2010年12月1日(水)~5日(日)全6公演

詳しくは 扉座ホームページ http://www.tobiraza.co.jp/ 参照。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「モーツァルト!」開幕直前イベント

イベントレポート by yumirin 2010年10月13日12:43
---------------------------------------
Photo_8本日は、帝劇にて「モーツァルト!」開幕直前イベント。

応募者三千人の中から選ばれた千人の観客。

お座席は、受付で封筒くじ引き。

私はR列10番。
いわゆるS席最後列サイドブロック。

何とか、このイベントに滑り込めた感じの席。

司会は、アルコ伯爵でお馴染みの武岡さん。

まずは、ミニトークショー。

最初の部は、山崎育三郎君、島袋寛子ちゃん、阿知波悟美さん、吉野圭吾さん。

初ヴォルフの感想を述べる育三郎君。
育三郎ヴォルフは、かなり動きがあって、燻し銀ヴォルフとは演出が違うらしいです。

シカネーダーダンスも振り付けが変わるそうです。

寛子ちゃんは、前回との間に、SPEED復活があり「コンスタンテは、すっかり忘れていました。」

阿知波さんは「私の自慢の娘は、SPEEDなんだから。」
和気あいあいの楽しい雰囲気。

育三郎君が「僕こそ音楽」を披露。

初々しく、ひたむきな歌唱と甘い歌声で、オバサマ達のハート鷲掴み。

僕こそ ミュージック~

このラストの伸びが無かったですね。

と言うか、音程的にギリギリで頑張っていました。

腹黒い燻し銀ヴォルフの人は、いつも気持ち良さそうに、思い切り歌い上げてるからな~。

寛子ちゃんは「ダンスは止められない」を。
武岡さん「ダンスは忘れない」とか、紹介しちゃうし。

次のトークショー。

井上君は「山崎君を見ていると、初演を思い出して、刺激になります。」
「小池先生に、僕もアクションやりたいって、いおうかな。」
武岡「小池先生が、もう31だからやめておこう。って。」

山崎「僕、初演の時、16歳で観客で見ていて、ちょうど井上さんの回でした。」
「僕も、このカッコイイお兄さんのように、ヴォルフガングをやりたいって願って、今、ここにいて幸せです。」

涼風「オバサン代表です。今日、歌うので、その事で緊張しています。」

香寿「いつもカナメさん(涼風さんの愛称)と交代でお稽古しているので、今日は、この後、新しい振り付けが心配です。」

山口コロラドさん、多くは語らず。

歌は、涼風さんと香寿さんのデュエットで「空から降る金」。

ラストは、アンサンブルさんも参加して、井上君の「影を逃れて」でフィナーレ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

紀尾井ニュー・アーティスト・シリーズ

イベントレポート by yumirin 2010年09月30日10:40
---------------------------------------

29日夕方は、紀尾井ホールへ。

一流大学を卒業された優等生の皆さん。
丁寧で真面目な演奏、歌唱。

指導者として、安定された人生を歩まれるのでしょう。

感動が無い。
魂が揺さぶられない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧