« 9/19「今求められるITスキルはこれだ!」HA池袋校IT業界セミナーで講士を担当(9/16) | Main | NTT-AT技術セミナ「クアルコムの事業戦略とBREW」は中止になりました »

September 17, 2004

「通信と放送は融合しない―KDDIの出した答えは?(ITmediaモバイル)」について(9/17)

9/16付のITmediaモバイルに連載「地デジ+モバイルが生み出す世界」の第8回として、興味深いタイトルの記事「通信と放送は融合しない――KDDIの出した答えは?」が掲載されています。
拙著「ケータイビジネスを革新する技術 BREW」をお読みの方はご存知の通り「第4章 BREWアプリ開発の現場から」において、株式会社ナノ・メディアの皆さんへのインタビューを掲載しており、そのサブタイトルを「通信と放送の融合をもたらしたBREW」としました。
こう書くと、気の早い方は「話が違うじゃないか」と懐かしのリゲインの牛若丸三郎太の口調(皆さん覚えてます?)で、怒り出すかもしれませんが、それでは、この記事を書かれた方の術中にハマるだけですので、慌てずに先をお読みください。
結論を先に書くと、「通信と放送の融合」という言葉が意味する実現形態への認識の違いだと思います。加えて、この記事を書いた方が、タイトルを若干過激にしたかったのかもしれません。
この記事によると、KDDI技術開発本部の中村博行メディア技術開発部部長は「通信と放送は融合しない」とのみ述べたのではなく「通信と放送を“連携”させて、 ユーザーへ“通信と放送が融合したように見える形”でサービスを提供する」と説明されています。私が、ナノ・メディアの皆さんへのインタビューなどで得た認識は後者とマッチしており、これこそが「通信と放送の融合」だと、私は考えています。つまりは、どういう状態をもって「融合した」と呼ぶのか、どこにゴールを置くのか、ということなのでしょう。
タイトルへの違和感は別として、この記事には、注目すべきキーセンテンスも含まれています。それは「通信事業者と放送事業者以外の、第3のビジネスパートナー」についての一文です。ご興味をお持ちの方は、下記にてご一読を。できれば、拙著の該当部分と並行して読んでいただけると、ビジネスヒントが一つ得られるかもしれません。

[ ITmediaモバイル:通信と放送は融合しない――KDDIの出した答えは? (1-2) ]

|

« 9/19「今求められるITスキルはこれだ!」HA池袋校IT業界セミナーで講士を担当(9/16) | Main | NTT-AT技術セミナ「クアルコムの事業戦略とBREW」は中止になりました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27993/1454002

Listed below are links to weblogs that reference 「通信と放送は融合しない―KDDIの出した答えは?(ITmediaモバイル)」について(9/17):

« 9/19「今求められるITスキルはこれだ!」HA池袋校IT業界セミナーで講士を担当(9/16) | Main | NTT-AT技術セミナ「クアルコムの事業戦略とBREW」は中止になりました »