« EverypathとKDDIが実現する「既存のビジネスシステムをBREWケータイで」(3/20) | Main | BREWがIntelチップ上で動作することの意味(3/22) »

March 21, 2005

JAVA Developerが3月末日にて全てのサービスを終了(3/21)

15日にSoftbank Publishingよりメールで届いた「JAVA Developer Network 最終号」によると、Web版JAVA Developerは2005年3月末日をもって、記事公開、メールマガジンなどの全てのサービスを終了するとのことです。
「JAVA Developer」は雑誌としては、去年5月号で終刊し、その後、Web上にて無料サービスとして存続し、バックナンバーの公開、メールマガジンの配布などを続けていたのですが、その全てに幕が引かれるわけです。

既報「RunDog謹製フリーソフト『RunDog web番』が『JAVA Developer 5月号』他に掲載」に書きました通り、この終刊号にて当方謹製のフリーソフト作品を紹介してくださったのですが、のみならず、そのバックナンバーを約1年間に渡って公開してくださったことにも感謝します。
ちなみに、雑誌、Web上のバックナンバーページの両方において、偶然、スクエアエニックスの大ヒットiアプリ「ドラゴンクエストi」と同じページだったことも、個人的な自慢として嬉しいものでした。

「JAVA Developer」関係者の皆様、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

Web版JAVA Developer
[ http://www.javadeveloper.jp/ ]
同・雑誌「JAVA Developer」2004年5月号(終刊号)のフリーソフト紹介ページ
[ http://www.javadeveloper.jp/static/freesoft/0405/ ]

|

« EverypathとKDDIが実現する「既存のビジネスシステムをBREWケータイで」(3/20) | Main | BREWがIntelチップ上で動作することの意味(3/22) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27993/3362343

Listed below are links to weblogs that reference JAVA Developerが3月末日にて全てのサービスを終了(3/21):

« EverypathとKDDIが実現する「既存のビジネスシステムをBREWケータイで」(3/20) | Main | BREWがIntelチップ上で動作することの意味(3/22) »