« 日立ソフトが「anyWarp for BREW」を今日開幕のESECに参考出展(6/29) | Main | BREWアプリ「アプリでスタディ」でモバイルeラーニング(7/2) »

June 30, 2005

ITコラム第8回「文系出身者の強み弱み、理系出身者の強み弱み」をヒューマンリソシアホームページにて公開(6/30)

既報「ヒューマンリソシアホームページにてコラム「ITコンサルタントが語る必要スキル」を連載開始(12/13)」の通り、前職の頃からつきあいのあった人材派遣、正社員紹介の会社である「ヒューマンリソシア」のホームページにおいて、2004年12月1日にオープンしましたテクニカルサイトで、コラムを連載しています。
「求められるスキル・資格とその実情~ システム分析から運用まで ~」というテーマで、私のソフトウェア開発企業でのエンジニア、プロジェクトマネージャ、採用担当者などの経験をベースに、昨今の情報を盛り込んでいくことで、今、求められているスキル・資格とその実情を、毎回テーマを決めて述べてみたいという趣向です。
先日、その第8回「文系出身者の強み弱み、理系出身者の強み弱み」が公開となりました。
今回も私自身の経験を織り交ぜながら、私が常々考えていることである「この文系・理系という分類はどの程度の意味があるんだろうか?」ということを、じっくりと述べてみました。
もちろん「ありません、おわり」ではありません(笑)。
下記にてお読みください。

「ITコンサルタントが語る必要スキル - ヒューマンリソシア」
http://resocia.jp/tech/column_it/index.html

※ 2014/7 追記 上記サイトの移転再編に伴い、このコラムにアクセスできない状態が続いていますので、このブログに本文を掲載することにしました。なお、資格名などは掲載当時のものであることをご了承ください。

第8回 文系出身者の強み弱み、理系出身者の強み弱み

 私は講士として、社会人から大学生、専門学校生まで、いろいろな方の進路に関する相談や質問をお受けすることが多いのですが、時々「私は文系なのでコンピューター業界には向かないでしょうか?」とか「先生はシステムエンジニアをしていたんですから理系ですよね?」と尋ねられてビックリすることがあります。この文系・理系という分類は、考えてみると、多くの方が中学校~高校にかけての時期に経験する振り分けであり、進学する場合に、その後の進路を検討する最初の目安になることから、重要視する方が多いようです。ある意味で自分のキャラクターや適性を説明する第一歩ととらえているのかもしれません。
  もちろん、自分のキャラクターや適性を正しく把握することは、就職や転職、異動などにおいて大事なことですし、部下の指導やマネジメントにおいても有効なことでしょう。しかし、この文系・理系という分類はどの程度の意味があるのでしょうか?
  こう書くと、結論を急がれる方は「意味なんてありません」という答だと早合点してしまうかもしれませんが、そうではないのです。あなたがあなた自身を「文系」「理系」と分類するに至った理由は必ずあり、それをあなたの自己分析のスタート地点にすることは決して間違いではないと思うからです。
  ただし、避けねばならないのは「理系だから文章力はダメ」とか「文系だから計算はダメ」とかいうように言い訳に使うことです。逆に「理系だから制御系の仕事が向いてるはず」とか「文系だからドキュメンテーションができるに決まっている」とかいうようにワクにはめて考えるのもマイナスです。どちらも、あなたが本来もっているはずの多様性や、これから伸びるであろう可能性を見えなくしまうからです。しかも、あなたが本来は不得手で、実は苦しんでいるようなことを「がんばれば出来ないはずはない」と背負い込んでしまう危険性があります。

 ということで、今回のタイトルである「文系出身者の強み弱み、理系出身者の強み弱み」が意味しているのは、実は、自分のキャラクターや適性を正しく把握するための自己分析のスタート地点ということになります。
  よく「まず白紙状態、中心点から考える」というような言い方をする人がいますが、私は(少なくともこの場合は)お勧めしません。大人であれば、なんらかの偏りが必ずあり、その偏りを無視して分析しようとした場合、最初の一歩で大きく間違ってしまう懸念があるからです。偏りを偏りとして肯定的にとらえ「文系の割には○○にも強い」「理系の勉強&仕事をしてきたが、○○なところは文系的でもある」というように、どちらかの足を軸足として、もう片方にちょっと踏み出してみる姿をイメージすると良いでしょう。そうすれば、強みがあれば当然弱みもあることも、自然に納得できますし、決断を迫られる岐路に立ったときにも、あとで後悔しない判断ができるように思います。

 ちなみに私は文系といわれる商科大学のコンピューター専攻の学科を卒業して、システムエンジニアになりました。さて、私は文系でしょうか?理系でしょうか? 本人は理系に偏った文系だと思っています。

(第8回・了)

|

« 日立ソフトが「anyWarp for BREW」を今日開幕のESECに参考出展(6/29) | Main | BREWアプリ「アプリでスタディ」でモバイルeラーニング(7/2) »

Comments

エンジニアの情報サイト。転職、派遣、資格、スクールなど。CCNA CCNP CCIE LPIC オラクルマスター SCSA MCSEなどを取得したエンジニアサークルが運営しています。よろしくお願いします。

Posted by: エンジニア派遣+転職+資格+求人情報 CISCO+LINUX+UNIX CCNA LPIC SUN | July 28, 2005 at 05:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27993/4767277

Listed below are links to weblogs that reference ITコラム第8回「文系出身者の強み弱み、理系出身者の強み弱み」をヒューマンリソシアホームページにて公開(6/30):

« 日立ソフトが「anyWarp for BREW」を今日開幕のESECに参考出展(6/29) | Main | BREWアプリ「アプリでスタディ」でモバイルeラーニング(7/2) »