« June 2005 | Main | August 2005 »

July 31, 2005

ソフィア・クレイドルがSophiaFramework Ver.3.0の概要を公開(7/31)

今月29日、ソフィア・クレイドルはBREW対応C++アプリケーションフレームワーク「SophiaFramework」の最新ヴァージョンである3.0の概要ドキュメントを公開しました。

拙著「ケータイビジネスを革新する技術 BREW」においても詳述していますが、アプリケーションフレームワークとは「アプリケーション開発を実現・支援する枠組み」のことで、開発者に、品質の高いBREWアプリを短期間で開発できるように提供されるソフトウェア部品や設計図などのパッケージです。
BREW対応のアプリケーションフレームワークとして、「SophiaFramework」は抜きん出た存在であり、2004年2月に同社から発表されたタブブラウザ「ソフィア・ブラウザ(BREW)」を初めとして、多くのBREWアプリの開発に貢献しています。

今回のバージョンアップにおいては、ライブラリサイズや実行速度の最適化に加えて、開発者を危険なコーディングから守るためのさまざまな安全策が講じられています。
これにより、BREWアプリの特徴である自由度の高い効率的なアプリを、ケータイ本体や利用者に悪影響を与えることなく実現できるわけです。
また、BREWアプリからメールの送受信や添付ファイルの展開などを簡単に行うことができるようになっています。
この機能アップの意味は、BREW 3.1による「フルカスタムケータイ」(既報「UIをBREWでカスタマイズする"uiOne"と"BREW 3.1"が実現する「フルカスタムケータイ」(6/8)」参照)を想定すると、いかに大きなことかわかります。
SophiaFrameworkの新バージョンをフル活用した、画期的なBREWアプリの登場が楽しみです。

「SophiaFramework Ver.3.0」の概要ドキュメントは、ソフィア・クレイドルのホームページからどうぞ。

ソフィア・クレイドル
[ http://www.s-cradle.com/ ]

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 30, 2005

ITコラム第9回「スペシャリストからエヴァンジェリストへ」をヒューマンリソシアホームページにて公開(7/30)

既報「ヒューマンリソシアホームページにてコラム「ITコンサルタントが語る必要スキル」を連載開始(12/13)」の通り、前職の頃からつきあいのあった人材派遣、正社員紹介の会社である「ヒューマンリソシア」のホームページにおいて、2004年12月1日にオープンしましたテクニカルサイトで、コラムを連載しています。
「求められるスキル・資格とその実情~ システム分析から運用まで ~」というテーマで、私のソフトウェア開発企業でのエンジニア、プロジェクトマネージャ、採用担当者などの経験をベースに、昨今の情報を盛り込んでいくことで、今、求められているスキル・資格とその実情を、毎回テーマを決めて述べてみたいという趣向です。
先日、その第9回「スペシャリストからエヴァンジェリストへ」が公開となりました。
今回も私自身の経験を織り交ぜながら、私が常々考えていることである「スペシャリストという言葉にはどの程度の意味があるんだろうか?」ということを、じっくりと述べてみました。
下記にてお読みください。

「ITコンサルタントが語る必要スキル - ヒューマンリソシア」
http://tec.resocia.jp/column_it/index.html

※ URLが変更になったようで、前回まででご紹介したURLから見えなくなっている様です。申し訳有りませんが、上記の新しいURLからご覧下さい。ご迷惑をおかけいたしましたことをお詫びします。

※ 2014/7 追記 上記サイトの移転再編に伴い、このコラムにアクセスできない状態が続いていますので、このブログに本文を掲載することにしました。なお、資格名などは掲載当時のものであることをご了承ください。


第9回 スペシャリストからエヴァンジェリストへ

  皆さんは「スペシャリスト」という言葉にどういうイメージをお持ちですか?日本語に直訳すると「特別な何かに強い人」、転じて「専門家」ということになる と思います。このスペシャリストという言葉は、実はかなりあいまいで、どういう人がスペシャリストであり、どうすればスペシャリストになれるのか、具体的 に説明するのは簡単ではありません。にも関わらず「スペシャリスト志向でいこう」とか「ジェネラリストよりスペシャリストを目指そう」などと言われている のを見聞きしますので、どうやら「スペシャリスト」という言葉に漠然とした憧れや、抽象的なキャリア・イメージをもっている方が多いのかもしれません。

  私自身も、システム・エンジニアとしてのキャリアを積んでいた頃、情報処理技術者試験に加えられた「ネットワークスペシャリスト試験」に一発合格できまし たので、さっそく名刺に「ネットワークスペシャリスト」という肩書きを入れてもらったことがあります。当時、この肩書きの効果は私の想像以上で、特に、社 内社外を問わず、若手エンジニアからの反響の大きさに驚かされました。「スペシャリストとして認められたエンジニアだから凄い」という小さな偶像化現象 (?)が起こっていたようです。

  さて、では今も今後もこの「スペシャリスト志向」がもてはやされるのかというと、私は「そうとは限らない」と考えています。その理由は、先ほど述べたとお りで、スペシャリストという言葉が抽象的でわかりづらいことにあります。加えて、現状において、単に守備範囲が狭いだけの「自称スペシャリスト」や、ある 狭いグループの中でのみ通用する「ローカルスペシャリスト」がプロジェクトにおいて困った存在になることは少なくないようです。それほど極端ではなくて も、単に苦手分野を避けていることを「スペシャリスト指向」だと勘違いしている例は多いように思います。

  そこで、私が若手エンジニアやエンジニアを目指す人たちに勧めているのが「エヴァンジェリスト指向」です。エヴァンジェリストとは本来「伝道者」や「(あ る主義の)熱烈な支持者、改革運動者」を示す言葉ですが、海外系企業などにおいて、エンジニアの肩書としても使われています。私の知人も、一時期、マイク ロソフト社においてエヴァンジェリストの肩書きで活躍していました。他社にもあるようで、平均的なエヴァンジェリストの業務内容としては「ある技術の専門 家として、その技術を深く理解すると共に、その普及とその技術によるビジネスの構築に貢献すること」となると思います。私が着目したのは、この後半の「普 及とその技術によるビジネスの構築に貢献する」ことです。

  ある技術を普及させるためには、対象技術を正しく説明できる客観性と、同時にその技術に対する熱意が要求されます。そして、その技術によるビジネスの構築 の為には、対象技術の周辺を支える他の技術要素、プロダクトはもちろんのこと、場合によってはコンペチター(競争相手)となる他の技術、商品についても熟 知せねばなりません。よって情報収集力や戦略的なコミュニケーション能力も要求されます。つまり、「自称スペシャリスト」や「ローカルスペシャリスト」で は通用せず、自分やグループの殻を自分で打ち破ることが要求されるわけです。

  私は「まずはスペシャリストを目指す」ということは(反対に「ジェネラリストを目指す」ということも)、一つの方向性として良いと思っています。しかし、 それがゴールなのではなく、その先により高いハードルを見据えておくことが、あなたのスキル・キャリアの積み上げの原動力になるでしょう。スペシャリスト を目指すのであれば、その彼方にエヴァンジェリスト指向をおいてみることをお勧めします。

(第9回・了)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 28, 2005

注目BREWゲームアプリ情報[7月上旬](7/28)

今回は備忘録を兼ねて、7月上旬頃(一部機種は6月末)にサービスが開始されたゲームアプリの情報からいくつかをピックアップしてみましょう(順不同)。

■経営シミュレーションゲーム「カレーハウスCoCo壱番屋ココイチカレーX」
ケータイWatch「新カレーを開発、BREW対応のココイチ経営シミュレーションゲーム
ジー・モード。「テトリス&100円ゲーム」にて。1ダウンロード210円。

■アームレスリング「腕マッチョ!」
ケータイWatch「アームレスリングを題材にしたBREWアプリ「腕マッチョ!」
モブキャスト。「携帯専用-mobGame-」にて。1ダウンロード105円。

■推理アドベンチャー「探偵・癸生川凌介事件譚 五月雨は鈍色の調べ」
ITメディアモバイル「推理アドベンチャー「探偵・癸生川凌介事件譚」の最新作が登場
元気モバイル。「元気スーパーゲームランチ」にて7月7日から配信開始。月額315円

■シューティング「バトルキャノン」
MEDIA SOCKET「海外人気ゲーム → バトルキャノン
MEDIA SOCKET。「海外人気ゲーム」にて。1ダウンロード262円。

■アドベンチャーゲーム「温泉☆恋して・・chu!」
ケータイWatch「「最強!GAME王国」にBREW2.1対応の温泉恋愛アドベンチャーなど
日本エンタープライズ。「最強!GAME王国」にて。1ダウンロード500円。

■ロールプレイングゲーム「竜のすむ洞窟」
ケータイWatch「「最強!GAME王国」にBREW2.1対応の温泉恋愛アドベンチャーなど
日本エンタープライズ。「最強!GAME王国」にて。1ダウンロード500円。

■本格3D格闘ゲーム「Fist Groove」
ケータイWatch「3キャリア対応、携帯向け本格3D格闘ゲーム「Fist Groove」
インタラクティブブレインズ。1ダウンロード525円。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 26, 2005

ソフィア・クレイドルが多言語対応「BREW SDK切り替えツール」を無償配布(7/26)

本日、ソフィア・クレイドルはプレスリリース「ソフィア・クレイドル、多言語対応BREW SDK 切り替えツールを無償配布 ~1クリックで様々な種類のBREW開発環境を切り替えるツール~」を発表しました。

既報「ソフィア・クレイドルがBREWアプリ圧縮ツールを海外へ出荷(6/17)」などで、何度も紹介しました通り、杉山社長の率いるソフィア・クレイドル社は、BREW対応C++フレームワーク「SophiaFramework」に代表されるハイレベルなテクノロジを提供するトップチームの一つであり、BREW、ケータイJava双方において、他社の追随を許さない技術力と発想力を見せています。
実は、このニュースリリースの件も杉山社長から直接連絡を戴きました。
いつも、ありがとうございます。

今回の「BREW SDK切り替えツール」は、日本語と英語以外に、中国語、韓国語、ポルトガル語に対応し、またBREW 3.0 及び 3.1 にも対応しているという、世界に唯一と言えるものです。
このツールを期間限定ですが無償提供するということですので、BREWアプリ開発現場にとって、非常に大きな追い風となると思います。
詳しくはプレスリリースをご覧下さい。

ソフィア・クレイドル プレスリリース
ソフィア・クレイドル、多言語対応BREW SDK 切り替えツールを無償配布 ~1クリックで様々な種類のBREW開発環境を切り替えるツール~
[ http://www.s-cradle.com/news/press/20050726.html ]

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 25, 2005

BREWベーシックセミナー、9月開催(7/25)

クアルコム・KDDI・デジハリが提供している「BREW JAPAN.COM サイト」から、BREWベーシックセミナの開催情報が届きましたので紹介します。
今回のセミナは、今年6月から行なわれていたワークショップ(既報「6/11から「BREWワークショップ」開催(4/7)」参照)に続いて、KDDI DESIGNING STUDIOで開催される3日間の講習です。
詳しくは下記をどうぞ。

期日:9/7,8,9
場所:KDDIデザイニングスタジオ(原宿)
受講料:¥189,000(税込)
*申込み、お問い合わせは以下から
[ http://www.dhw.co.jp/git/training/contents/tech/ot82.html ]

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2005

ローカス「タダで遊べる!Windowsゲーム大集合2005-2006」にRunDog謹製ゲーム4本収録(7/24)

久しぶりにRunDog謹製フリーソフトに関するお知らせです。
既報「ローカス「タダで遊べる!Windowsゲーム大集合650」、RunDog謹製フリーソフトを収録して発売(8/3)」から1年弱、今年もローカスからフリーソフトウェア収録MOOKが発売され、RunDog謹製ゲームから以下4本が収録されています。
・3次元機雷パズル「みつみね32」Ver.6.0.21rev.b
・100m徒競走 for Windows95
・Rundog Studium 1D for Windows Ver.1.11
・カーリング for Windows Ver.1.10
なんだか、作者である私自身が、懐かしい気分でいっぱい(笑)です。
この書籍(MOOK)の詳細は専用ページでどうぞ。

LOCUS PRODUCT WEB
タダで遊べる!Windowsゲーム大集合2005-2006
[ https://products.locus.co.jp/index.php3?dtl=pb768 ]

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2005

BREWコラム「世界初、BREW 3.1対応GUI開発支援ツールの開発秘話(日立ソフト)」公開(7/23)

BREWに関わるキーパーソンがそれぞれの立場からBREWを語る場として注目されている「BREW JAPAN .COM」のBREWコラムに、日立ソフトウェアエンジニアリング(株)開発事業部の福田英徳さんによる「世界初、BREW 3.1対応GUI開発支援ツールの開発秘話」が掲載されました。

既報「日立ソフトが「anyWarp for BREW」を今日開幕のESECに参考出展(6/29)」などにて紹介しましたとおり、1月に日立ソフトが販売を開始した「anyWarp for BREW」は、世界で初めてBREW 3.1およびBREW UI Toolkitに対応したBREWアプリケーションのGUIを効率的に開発するためのソフトウェアです。
このコラムでは、anyWarp for BREWの誕生、技術紹介、BREW 2005 Conferenceへの出展、今後の展開という順に、当初、社内ツールの一つだったというanyWarpが大々的に登場するまでが記されています。

福田さんには、先日の展示会「ワイヤレスジャパン」のクアルコム社のブースにおいて、ご挨拶し、「anyWarp for BREW」のデモを拝見させていただきました。
私自身もIT企業にいた頃、開発ツールの活用と販売から展示会でのデモまでを担当していましたので解りますが、開発ツールのデモは「わかる人にしかわからない」ものになりがちです。
しかし、福田さんと同社の赤間さんは、クアルコムブースに次々と訪れるお客様に対して、非常に丁寧に「anyWarp for BREW」の利点を説明されていました。
今回のコラムもまた丁寧に書かれていますので、BREWアプリ開発に興味をお持ちの方に、ご一読をお勧めします。

BREWコラムは下記からどうぞ。ちなみにバックナンバーには拙作コラム「世界初のBREWの書籍を日本から」もあります。

「BREW JAPAN .COM」
[ http://www.brewjapan.com ]

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2005

触って来ました!BREW+Bluetoothで操作するロボット - WIRELESS JAPAN 2005フォロー(7/20)

今回は、今月13日(水)より15日(金)まで東京ビッグサイトで開催された「ワイヤレスジャパン 2005」関連のフォローです。
KDDIブースの専用コーナーにおいて、既報「BREWアプリで操作するBluetooth二足歩行ロボット(1/6)」にて紹介しましたロボット「Pirkus・R」を実際に操作させてもらって来ました。
予想以上の動作自由度と操作のマクロ化(ハッスルを踊れ、とか)に驚きつつ(&大笑いしつつ)、このテクノロジを活用するいろいろなストーリーがどんどん頭に浮かんできました。

コーナーにはちょうど、このシステムの開発者であり、既報「BREWコラム「BREW携帯の新たな可能性(アイ・ビー)」公開(2/23)」でも紹介しましたアイ・ビーのCEOである岡田昇一さんがいらっしゃったので、直接、お話しすることもできました。
このシステムが将来どのように発展していくのかも含めて、いろいろと興味深いお話をお聞きしましたので、今度、機会があればじっくりと記してみたいと思います。

なお、この展示については、ITmediaモバイルに写真付きレポートが掲載されていますので、ご興味のある方はぜひどうぞ。
ちなみに文中の「説明員」が岡田さんかどうかは、不明です。

ITmediaモバイル
ワイヤレスジャパン2005:ロボット、売れてます──KDDIブース
[ http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0507/15/news078.html ]

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 18, 2005

BREW3.1が実現する端末のプラットフォーム化 - WIRELESS JAPAN 2005フォロー(7/18)

今回は、今月13日(水)より15日(金)まで東京ビッグサイトで開催された「ワイヤレスジャパン 2005」関連のフォローです。
会期中日の14日に行なわれたテクニカルコンファレンスにおいて、このBLOGではお馴染みのBREWキーパーソンの一人であるクアルコムのビジネス開発担当部長 野崎孝幸さんが「クアルコムの事業戦略とBREW」について講演を行ないました。
この講演のサマリーがケータイWatchに掲載されましたので紹介します。

今回の講演では、BREWがケータイアプリ開発の自由度向上に貢献したことを、ナビタイムのマンナビゲーションサービス「EZナビウォーク」を例にとって紹介すると共に、「KCP(既報「BREW拡張プラットフォーム"KCP"の状況は?(5/27)」参照)」とBREW3.1によって実現する「端末のプラットフォーム化」について説明しています。
また、同様に、ケータイアプリ開発の低コスト化に貢献する「uiOne(既報「UIをBREWでカスタマイズする"uiOne"と"BREW 3.1"が実現する「フルカスタムケータイ」(6/8)」参照)」にも触れています。
詳細は記事本文をご覧下さい。

ケータイWatch
【WIRELESS JAPAN 2005】クアルコム野崎氏、「BREW3.1でプラットフォーム化を支援」
[ http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/event/24804.html ]

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2005

注目BREWゲームアプリ情報[6月下旬](7/17)

今回は備忘録を兼ねて、6月下旬にサービスが開始されたゲームアプリの情報からいくつかをピックアップしてみましょう(順不同)。

■シューティングゲーム「機動戦士ガンダム3D めぐりあい宇宙編」
ファミ通.com「BREWで『ファーストガンダム』を再現!」
[ http://www.famitsu.com/k_tai/news/2005/06/16/607,1118910455,40371,0,0.html ]
バンダイネットワークス。6月16日から「ガンダムゲームコレクション」にて。1ダウンロード525円。

■プチブリッジ(トランプ)ゲーム「ゆるゆる点取占い」
ジー・モード広報資料「au「テトリス&100円ゲーム」宴会部長養成アプリ「宴会部長」と「ゆるゆる点取占い」のBREW版が登場!~ 明日の宴会部長を目指して宴会芸を磨くアプリ&ゆるゆるキャラとペアで戦うプチブリッヂ ~」
[ http://www.g-mode.co.jp/news/presstop/maing89.html ]
ジー・モード。6月30日から「テトリス&100円ゲーム」にて。105円。

■本格アドベンチャーゲーム「北海道連鎖殺人オホーツクに消ゆ」
電撃オンライン「堀井雄二氏の名作AVGがBREWで蘇る!」
[ http://www.dengekionline.com/data/news/2005/06/30/d79ed5226cb49f4687aaf3c983def44a.html ]
スクウェア・エニックス。6月30日より「オホーツクに消ゆ」にて。1ダウンロード525円。

■ビリヤードゲーム「ファミリービリヤード」
ケータイWatch「ナムコ、EZweb向けに「ファミリービリヤード」」
[ http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/24348.html ]
ナムコ、6月16日から「ナムコステーション」にて。サイトの利用料は月額315円。

■航空管制シミュレーションゲーム「ぼくは航空管制官 初級/福岡空港編」
ITmediaモバイル:「ぼくは航空管制官」にBREW対応「初級/福岡空港編」追加
[ http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0507/12/news102.html ]
ソニックパワード、6月23日から「ぼくは航空管制官」にて。1ダウンロード525円。

■卓球ゲーム「行け!稲中卓球部」
ITmediaモバイル:「BREW版ゲーム「行け!稲中卓球部」」
[ http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0506/23/news120.html ]
講談社。6月16日から「コミゲー講談社」にて。1アプリ210円。

■パチンコシミュレーション「CR大海物語M56アトランティス」
ITmediaモバイル:「EZアプリ「CR大海物語M56アトランティス」が登場」
[ http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0506/24/news086.html ]
三洋販売とウェブドゥジャパン、6月24日から「三洋パチワールドEZ」にて。サイトの月額情報料は315円。

■シューティングゲーム「TYPE02」、定番すごろくゲーム「人生すごろくサバイバル」、経営シミュレーションゲーム「最強ラーメンを作ろう」
ITmediaモバイル:「ゆうこりんのパズルゲーム登場──BREW向け「ゲームWorld」」
[ http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0506/20/news079.html ]
ドラゴンソフトエンターテイメント、6月16日から、「ゲームWorld」にて。サイトの月額情報料は210円。1ダウンロード77円の従量課金制でも利用できる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2005

[短信]「WIRELESS JAPAN 2005」BREW関連のみどころ(7/15)

既報「見所満載の「ワイヤレスジャパン 2005」KDDIブースとセミナ(7/8)」のフォローです。
14日に展示会「WIRELESS JAPAN 2005」に参加してきましたので、私が会場で見つけたBREW関連のみどころがあるブースをランダムにメモしておきます。
あくまでも、私が見つけることができたもののメモですので、モレや具体性の不足はご勘弁ください。
なお、この展示会は今日までです。お忘れなく。

・クアルコムジャパン
・KDDI
・京セラコミュニケーションシステム
・東芝
・NTTソフトウェア
・ユニアデックス
 (順不同です)

WIRELESS JAPAN 2005
[ http://www.ric.co.jp/expo/wj2005/ ]
ケータイWatch:【WIRELESS JAPAN 2005】国内最大級のモバイル関連イベント開幕
[ http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/event/24764.html ]
ITmediaモバイル:「ワイヤレスジャパン2005」の見どころ:端末メーカー編
[ http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0507/12/news102.html ]

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 14, 2005

BREWアプリ「μVNC」でポータブルセキュアソリューション(7/14)

KDDIは、今月4日、日立システムとニュースリリース「ノートPCを持ち出さなくてもよい「ポータブル セキュア ソリューション」を販売開始 ~ 利便性と情報漏洩防止策を施したモバイル環境を企業に提供 ~」を発表しました。

このソリューションは、既報「どっちが初?BREWケータイからPCを自由に操作できるビジネスアプリ(4/8)」で紹介しましたBREWアプリ「μVNC(マイクロ・ブイ・エヌ・シー)」をキーとするものです。
「μVNC」は、今年3月28日に、これもKDDIが日立システムと発表したニュースリリース「au携帯電話初 携帯電話からパソコンを自由に操作できるビジネスアプリケーションを販売開始 ~ BREWの採用により高速・高信頼性を実現 ~」で説明されている通り、ケータイから遠隔地にあるパソコンの操作を可能とするBREWアプリであり、今回のソリューションは、このアプリを中心に、暗号化システム、ネットワークを含めた各種設備の選択・導入・構築・保守を含めたトータルサービスを提供するとのことです。
詳細はニュースリリース及び日立システムのホームページをご覧下さい。

KDDI ニュースリリース
ノートPCを持ち出さなくてもよい「ポータブル セキュア ソリューション」を販売開始
~ 利便性と情報漏洩防止策を施したモバイル環境を企業に提供 ~
[ http://www.kddi.com/corporate/news_release/2005/0704a/index.html ]

日立システム μVNC for BREW
[ http://www.hitachi-system.co.jp/mVNC/BREW/ ]

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 13, 2005

BREWケータイで高機能インタラクティブストリーミングを(7/13)

既報「書籍「BREWアドバンスト・プログラミング」(笠野英松さん著)発売(7/11)」で紹介しました、笠野さんが率いるネットワークメンターのホームページからリンクしている「ネットドローム」のページにおいて、興味深いテクノロジが公開されていますので、紹介しましょう。

これは、高機能インタラクティブストリーミングがBREWケータイで可能になったというもので、複数ストリームを順次伝送しながら再生しても中断を挟むことなく再生を続けられるなど、従来のケータイではもちろん、PCでもできなかったストリーミング技術が実現すると説明されています。
なお、このインタラクティブ・ストリーミングプログラムには、書籍「BREWアドバンスト・プログラミング」に記載のプログラミング手法が用いられているとのことで、同書の読者の方には、非常に興味深い実例になりそうです。
ホームページによると、今月下旬~来月末の間にBREWケータイを使ったデモを予定しているとのことです。
今後の進展に注目したいと思います

新ストリーミング方式 netdrome
netdrome方式によるBrew対応プログラム完成
[ http://www.netdrome.tv/index.shtml ]

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2005

FeliCaチップとBREWアプリで「EZ FeliCa」サービスが9月より開始(7/12)

今月11日、KDDIはニュースリリース「「EZ FeliCa」サービスの導入について」を発表しました。
これによると、BREWケータイにFeliCaチップを搭載し、BREWアプリを利用することにより、交通関連サービスや電子マネー、会員証といった各種サービスを生活の様々なシーンで利用できる「EZ FeliCa」サービスを、本年9月より開始するとのことです。
しかも、このサービスを導入することに伴い、モバイルEC市場の更なる拡大を目的に、このサービスのプロモーション時のサービスマークとして、「おサイフケータイ」を利用していくことをNTTドコモと合意したとのことです。
利用者にわかりやすいサービスマークをつけることは、新しい技術やサービスの普及には非常に大きなファクターであり、これを、商売敵であるドコモのブランドと統一するという、KDDIの判断を評価すべきだと思います。
このサービスの普及により、BREWケータイの能力がより多くの場面で活用されることが楽しみです。
詳しくはニュースリリースをご覧下さい。

KDDI ニュースリリース
「EZ FeliCa」サービスの導入について
[ http://www.kddi.com/corporate/news_release/2005/0711/index.html ]

| | Comments (0) | TrackBack (0)

書籍「BREWアドバンスト・プログラミング」(笠野英松さん著)発売(7/11)

今月1日、秀和システムから書籍「BREWアドバンスト・プログラミング」が発売されました。この本は「インターネットRFC辞典・増補版」等の著者としても知られている笠野英松さんによるBREWプログラミングの入門レベルを超えた解説書で、3冊目の日本発のBREW書籍ということになります。

笠野さんが率いるネットワークメンターのホームページによると、この本は、BREWマルチメディア・ネットワーキングの上級テクニックの解説書であり、モバイル環境でマルチメディアおよびネットワークを駆使するためのBREW実用テクニックを多数の実践サンプルで解説しています。
拙著「ケータイビジネスを革新する技術 BREW」がビジネスマン向けで、茂木健一さん他による「BREWプログラミング実践バイブル」が入門~中級レベルのプログラマー向けとすると、この書籍はその上のレベルのプログラミング実用書という位置付けになると思います。
詳細は下記をご覧下さい。

秀和システム 書籍詳細
「BREWアドバンスト・プログラミング」
[ http://www.shuwasystem.co.jp/cgi-bin/detail.cgi?isbn=4-7980-1103-7 ]
(有)ネットワーク・メンター
「BREWアドバンスト・プログラミング」
[ http://www.network-mentor.com/brew_prog.html ]

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 10, 2005

MacromediaがBREWソリューションの為にFlashベースサービスを供給(7/10)

今月3日、クアルコムはニュースリリース「Macromedia、クアルコムのBREWソリューション用アプリケーションの開発に進出 - Elite BREWディベロッパーとなって、米国市場に Macromedia Flashベースのサービスを導入 -」を発表しました。
このニュースリリースによると、クアルコムとMacromediaが「BREWソリューションを使用して開発されたFlashベースのモバイルアプリケーションを、Macromediaが配給する」という契約を結んだことに加えて、MacromediaがBREWアライアンスプログラムのEliteメンバーにも加入したとのことです。
現在、インターネットに接続されているPCの98%以上、実に3000万台を超える機器がFlash使用可能状態で出荷されているそうで、高機能コンテンツがケータイ上で普及する上で、BREWの能力がより生かされ、BREWアプリの外観と使用感が向上することが期待できます。
詳細はニュースリリース(和訳版があります)をご覧下さい。

クアルコム ニュースリリース
Macromedia、クアルコムのBREWソリューション用アプリケーションの開発に進出
- Elite BREWディベロッパーとなって、米国市場に Macromedia Flashベースのサービスを導入 -
[ http://brew.qualcomm.com/jsp/brew/ja/press_room/press_releases/2005/06_03_05.html ]

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2005

見所満載の「ワイヤレスジャパン 2005」KDDIブースとセミナ(7/8)

今月6日、KDDIはニュースリリース「「ワイヤレスジャパン 2005」への出展について」を発表しました。
今回はこのニュースリリースからBREW関連情報を抜粋してみましょう。

KDDIは、今月13日(水)より15日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「ワイヤレスジャパン 2005」に出展し、BREW-WINケータイの新ラインナップや各種サービス、モバイルソリューションなど、「ユビキタス・ソリューション・カンパニー」を目指すKDDIの最新の取り組みを、展示とセミナーにより紹介するとのことです。

BREW関連の出展内容としては、
・「EZテレビ」、「PCサイトビューアー」などを搭載したCDMA 1X WINの新ラインナップ
・「EZ Game Street!」、「EZ Book Land!」等のポータルサービスの紹介
・セキュリティ機能や緊急連絡等多彩な機能をパッケージ化した ASPサービス「ビジネス便利パック」
・WEBサービス技術対応の「SOAP on BREW」
などが予定されています。また、KDDIブースのセミナーとしては、
・Webサービス技術対応BREWミドルウェアの登場 -SOAP XML Middleware on BREW-(13日 16:40~17:10、14日 16:40~17:10、15日 16:10~16:40)
・モバイルソリューションパートナーで実現した携帯電話による業務改革 (1)「GPS/BREWケータイでフィールドサポート業務効率25%向上!」(13日 14:10~14:40)
・モバイルソリューションパートナーで実現した携帯電話による業務改革 (2)「金融機関様における携帯電話ソリューションの適用」(14日 13:00~13:30)
・モバイルソリューションパートナーで実現した携帯電話による業務改革 (3)「金融機関様における携帯電話ソリューションの適用」(15日 12:50~13:20)
などが予定されているとのことです。
詳細は下記をどうぞ。

なお、KDDI以外の各社のBREW関連展示の予定につきましても、情報が入り次第、掲載していきたいと思っています。

KDDI ニュースリリース
「ワイヤレスジャパン 2005」への出展について
[ http://www.kddi.com/corporate/news_release/2005/0704/index.html ]

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 07, 2005

宴会部長養成BREWアプリ!?「宴会部長」がジー・モードから(7/7)

今月1日、ジー・モードは広報資料「au「テトリス&100円ゲーム」宴会部長養成アプリ「宴会部長」と「ゆるゆる点取占い」のBREWR版が登場! ~ 明日の宴会部長を目指して宴会芸を磨くアプリ&ゆるゆるキャラとペアで戦うプチブリッヂ ~」を発表しました。
今回はこのリリースから宴会部長養成アプリ「宴会部長」を紹介します。

既報「BREWコラム「手軽さと快適さ、ユーザーの満足度を目指して(ジー・モード)」(6/25)」でもご紹介しました通り、ジー・モードは「ゲーム職人を集めたような面白い会社」だそうですが、まさに、タイトルとキャッチコピーだけで笑える(唖然とする?)個性的なアプリと言えるでしょう。

このアプリは、「宴会には欠かせない4つの宴会芸の技を磨いて、明日の宴会部長を目指すゲーム」とのことで、ジーモードのゲームサイト「テトリス&100円ゲーム」から、その通りの税込105円で配信されています。
「いったいどんな宴会芸なんだろ」とお感じの方は、お試しあれ。

ジー・モード 広報資料
au「テトリス&100円ゲーム」宴会部長養成アプリ「宴会部長」と「ゆるゆる点取占い」のBREWR版が登場!
~ 明日の宴会部長を目指して宴会芸を磨くアプリ&ゆるゆるキャラとペアで戦うプチブリッヂ ~
[ http://www.g-mode.co.jp/news/presstop/maing89.html ]

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2005

GPS測位データ自動連続送信BREWアプリの予想外の用途とは(7/6)

先月9日、KDDIはニュースリリース「アイティフォー、KDDIとの共同開発により産業廃棄物処理業の「情報公開性」に優れた「収集運搬GPS追跡管理システムASPサービス」を開始」を発表しました。
これは、アイティフォーがKDDIの協力により「収集運搬GPS追跡管理システムASPサービス」を開発し、9月より提供を開始するというものです。

このサービスは、産業廃棄物または一般廃棄物を排出事業者から処理業者へ搬出するまでの運搬状況を、リアルタイムで排出事業者向けに伝えることが目的で、今年10月1日、廃棄物処理業者の無許可営業や無断輸出を取り締まるための罰則強化を盛り込んだ改正廃棄物処理法が施行されることに伴って開発されています。
国内で初めてというこのサービス実現のキーの一つとなるのが、今回紹介するBREWアプリ「GPS測位データ自動連続送信」というわけです。

「収集運搬GPS追跡管理システムASPサービス」は、排出事業者が出す廃棄物を収集運搬業者が集荷し、中間処理または最終処理業者への運搬過程を監視するサービスです。
このサービス(BREWアプリ)により、処理場以外への不法投棄が疑われてしまう運行工程内での車両の長時間停車を監視すると共に、車両位置情報をWeb上で公開することによる情報公開が可能になります。
ケータイのGPS機能とBREWアプリによる特定業務開発が可能とした新しいビジネスソリューションの一例として、9月に予定されている提供開始を見守りたいと思います。
詳しくはニュースリリースをご覧下さい。

KDDI ニュースリリース
アイティフォー、KDDIとの共同開発により産業廃棄物処理業の「情報公開性」に優れた「収集運搬GPS追跡管理システムASPサービス」を開始
[ http://www.kddi.com/corporate/news_release/2005/0609b/index.html ]

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2005

IILがレポート「ケータイコンテンツビジネス調査報告書2005」を発売(7/5)

今月1日、インプレス・インターネット生活研究所(IIL)は、ケータイのコンテンツ関連企業の動向や、パケット通信料の定額制に関する利用動向をまとめた調査レポート「ケータイコンテンツビジネス調査報告書2005」を発売しました。

既報「ケータイソフトビジネス戦略調査報告書2005の「BREWの取り扱い」(4/11)」で紹介しました通り、インターネット生活研究所は今年4月に「ケータイソフトビジネス戦略調査報告書2005」を発表しています。
今回はコンテンツがテーマということで、BREWに関する記述は(少なくとも目次には)見当たりませんが、このBLOGではおなじみのBREWアプリ開発・配布会社各社が紹介されています。
例えば「新サービス「聴かせて検索」と2月に試験提供されていたBREWアプリの関係は?(5/24)」で紹介しましたレーベルモバイル、「大容量ゲームと大人数ゲーム、キラーBREWアプリは?(4/29)」で紹介しましたバンダイネットワークス、「BREWディベロッパーアワーズのファイナリストに、今年も日本から5件が(5/21)」で紹介しましたタイトーや、ナビタイムジャパン、「BREWコラム「手軽さと快適さ、ユーザーの満足度を目指して」(6/25)」で紹介しましたジー・モード、「BREWアプリでストリーミング動画再生を容易に可能とするSDK(6/10)」で紹介しました日本エンタープライズなど各社です。

価格は51,450円と、個人やSOHOには正直しんどい額(笑)ですが、ご興味がある方は下記の案内ページ、レポート概要ページへどうぞ。

ケータイWatch
「インターネット生活研究所、携帯コンテンツの最新調査レポート」
[ http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/24588.html ]

インターネット生活研究所
ケータイコンテンツビジネス調査報告書2005 レポート概要
[ http://internet.impress.co.jp/iil/ktai2005/ ]

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 04, 2005

ケータイWatch「ESECイベントレポート」にてACCESSと日立ソフトのBREW関連情報(7/4)

今回は、既報「日立ソフトが「anyWarp for BREW」を今日開幕のESECに参考出展(6/29)」と既報「BREW3.1.2をベースにした拡張プラットフォーム"KCP"採用アプリがACCESSから(5/26)」のフォローです。

先日29日から7月1日の間、東京ビックサイトで開催された「組込みシステム開発技術展(ESEC)」のイベントレポートが、ケータイWatchに掲載されました。
日立ソフトの「anyWarp for BREW」につきましては、開発画面等の写真と同社第2開発本部の福田さんの言葉が、ACCESSの「NetFront」につきましては、BREW版がサムスン製ケータイで動作している写真などが掲載されています。

ESECにご興味をお持ちで、参加できなかった方、下記にてどうぞ。
また、先日の「日立ソフトが「anyWarp for BREW」を今日開幕のESECに参考出展(6/29)」にトラックバックを戴いたブログ「プログラマの新妻」にも同社の技術者の奥様と思われる方による楽しいレポートがあります。
合わせて是非どうぞ。

ケータイWatch
【第8回 組込みシステム開発技術展】ACCESSがNetFront新バージョンなどを披露
[ http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/event/24555.html ]

ブログ「プログラマの新妻」
【ESEC:組込システム開発技術展】報告
[ http://wild-scorpion.ameblo.jp/entry-e149bca2900c728166e2128852ef8f43.html ]

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2005

BREWアプリ「アプリでスタディ」でモバイルeラーニング(7/2)

先月14日、KDDIはニュースリリース「携帯電話業界初の本格的なモバイルeラーニング「学び」メニューの開設について」を発表しました。
これは、EZweb上に、ケータイ業界初の本格的なモバイルeラーニング「学び」メニューを開設するもので、イマジニアとの協業により、BREWアプリに対応する幅広いジャンルの教材を提供とのことです。
具体的には、BREWアプリ「アプリでスタディ」を用いて、「覚えて学ぶ」モード「読んで学ぶ」モード「テストで確認」モードなどさまざまなタイプから構成される教材をケータイ上に展開し、いつでもどこでも気軽に学習できるというものです。

既報「SEA教育分科会(sigedu)2月例会にて講演(2/15)」などで紹介していますとおり、私は、ソフトウェア技術者協会(SEA)の教育分科会に参加していますので、今回発表されたようなeラーニングのサービスについては、かなり興味があります。
しかし、ケータイによるeラーニングについては、メディアで否定的な記事が掲載されたこともあり、普及にはキラーコンテンツと呼ばれる定番モノが必要とも言えそうです。
どのような教材が揃い、どの程度浸透していくのか、注目していきたいと思います。

KDDI ニュースリリース
携帯電話業界初の本格的なモバイルeラーニング「学び」メニューの開設について
[ http://www.kddi.com/corporate/news_release/2005/0614a/index.html ]

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2005 | Main | August 2005 »