« 注目BREWゲームアプリ情報[7月下旬~9月上旬 その1](9/27) | Main | 「BREWアプリの“売り方”を考える・後編」がITmedia「BREW最新事情」に掲載(9/30) »

September 28, 2005

ファミコン時代の名ゲーム「真田十勇士」が中国でBREWアプリに(9/28)

今月21日、ネットビレッジはニュースリリース「ネットビレッジ、KEMCOの名タイトル「真田十勇士」を中国で展開!」を発表しました。

これは、中国でモバイルコンテンツの提供を行っているネットビレッジと、「真田十勇士」など多くのゲームのライセンスを持つコトブキソリューション(KEMCO)の提携による、ゲームソフトのBREWへの移植開発を行い、中国のチャイナユニコムがサービスしている「神奇宝典」にBREWアプリを提供するというものです。
「神奇宝典」はKDDIでいえば「EZアプリ[BREW]」にあたるサービスで、拙著「ケータイビジネスを革新する技術 BREW」でも、4章の「BREWアプリ開発の現場から」において「フェイスの海外ビジネスの今後の展開」の項と、「ナビタイムジャパンのビジネスモデルとBREW」の項で紹介しています。

このニュースリリースにおいて注目すべきなのは、日本のゲームに対する中国人ユーザーの高い期待に応えようとするチャイナユニコムと、多くのコンテンツを持つKEMCOの間をネットビレッジがつなぐというビジネスモデルです。ITメディアの「BREW最新事情」に掲載した「SOAP+salesforce.comがBREWで実現できた理由」で述べた通り、得意技を持つ複数のトッププレイヤーが既成の枠を越えて集結することで、今までなかった成果が得られる好例でしょう。
また、ネットビレッジは、初期開発費を最小限に抑える「CHCモデル」を活用して、JavaからBREWへの移植開発も実施しているとのことで、この「CHCモデル」についても、回を改めて紹介したいと思います。

ネットビレッジ、KEMCOの名タイトル「真田十勇士」を中国で展開!
[ http://www.netvillage.co.jp/press/release/20050921a.html ]

ITメディア「BREW最新事情」:SOAP+salesforce.comがBREWで実現できた理由
[ http://www.itmedia.co.jp/enterprise/mobile/articles/0509/16/news047.html ]

|

« 注目BREWゲームアプリ情報[7月下旬~9月上旬 その1](9/27) | Main | 「BREWアプリの“売り方”を考える・後編」がITmedia「BREW最新事情」に掲載(9/30) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ファミコン時代の名ゲーム「真田十勇士」が中国でBREWアプリに(9/28):

« 注目BREWゲームアプリ情報[7月下旬~9月上旬 その1](9/27) | Main | 「BREWアプリの“売り方”を考える・後編」がITmedia「BREW最新事情」に掲載(9/30) »