« 世界初の携帯用プログラム関数電卓BREWアプリ「てくの電卓」への期待(11/9) | Main | ワーカービー「Living Games」でヒューマンアカデミーの学生が協力したBREWアプリがデビュー(11/11) »

November 10, 2005

アルコール濃度測定器とBREWアプリの連携による事故防止システム「ALC-Mobile」(11/10)

先月27日、東海電子は、BREWケータイを利用してアルコール濃度の測定結果を送信できる「ALC-Mobile」の開発、販売を発表しました。

「ALC」シリーズは業務用のアルコール測定と記録・管理を行うシステム製品群で、バス・タクシー・トラックの営業所や鉄道、産業廃棄物収集運搬、運転代行業者などが行う自社乗務員の飲酒の有無の把握をサポートするものです。
据え置き型のフルセットでPCと連携する「ALC-PRO」、その簡易バージョンで、プリンタ内蔵型の「ALC-Mini」が合わせて全国150社700箇所で稼働中とのことです。

今回発表された「ALC-Mobile」は「ALC」シリーズに遠隔地への携帯性を加えたもので、専用測定器と接続するBREWケータイ、BREWアプリ、専用アタッシュケースのセットになっています。
ポイントは、BREWケータイのカメラ機能やGPS機能を利用して「成りすまし」等の不正を防止すると共に、アルコール濃度の測定結果をeメールで即時に送信することにあります。
今年8月に「ALC-Mobile」を紹介した中京テレビ「ニュースプラス1もっと」のホームページに画像がありますが、専用測定器に息を吹き込む時に、BREWケータイのカメラに顔写真を撮影させ、同時にGPSで位置情報を得て、検査結果と一緒にセンターに送信する仕掛けです。
これで、いつ誰がどこで測定したアルコール濃度なのかが明確になり、センター側で的確に管理・運用することができるわけです。

運転のプロが飲酒運転をしないというのは当たり前のことであるはずですが、飲酒が原因の悲惨な事故は後を絶ちません。
「ALC-Mobile」が事故の未然防止に効果を発揮することを期待しています。
また、この仕組みを利用すれば、飲酒のみでなく過労運転の防止などの健康管理にも活用できそうに思います。
今後の展開に注目しましょう。

東海電子 ニュースリリース
「ALCシリーズ」として発売しているアルコール検知器のラインアップを拡充し、遠隔地への携帯性を重視した「ALC-Mobile」を、10月31日から発売
[ http://www.tokai-denshi.co.jp/newsrelease_051027.html ]

中京テレビ「ニュースプラス1もっと」
携帯電話で飲酒チェック!: 旬感!ファイル
[ http://plus1.ctv.co.jp/bangumi/20file/2005/08/30/01.html ]

|

« 世界初の携帯用プログラム関数電卓BREWアプリ「てくの電卓」への期待(11/9) | Main | ワーカービー「Living Games」でヒューマンアカデミーの学生が協力したBREWアプリがデビュー(11/11) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アルコール濃度測定器とBREWアプリの連携による事故防止システム「ALC-Mobile」(11/10):

« 世界初の携帯用プログラム関数電卓BREWアプリ「てくの電卓」への期待(11/9) | Main | ワーカービー「Living Games」でヒューマンアカデミーの学生が協力したBREWアプリがデビュー(11/11) »