« 【緊急謹告】アマゾンにおける拙著「Eclipse辞典」の著者名誤記について | Main | ソフトバンククリエイティブ「Cマガジン」を休刊(3/6) »

March 05, 2006

松下のBREWアプリをリモート起動する位置確認ソリューション(3/5)

 先月27日、松下電器産業は、BREWケータイ向けのGPS機能を利用した位置情報検索サービス「どこでも知り隊」を3月9日から開始することを発表しました。
 これは、GPS機能を持つBREWケータイの位置を各キャリアのケータイやパソコンで確認できる位置情報サービスで、あらかじめ登録しておけば、位置確認をされる時にケータイを操作する必要がないため、児童や高齢者の保護にも活用できるのが特長です。

 位置確認の問合せを行なうには、BREWケータイに専用アプリをダウンロードし、問合せを許可するメールアドレスを登録しておきます。
 問合せをする側は、専用ホームページに、問い合わせたいBREWケータイの電話番号と、自分のメールアドレス、パスワードを入力します。
 すると、センターからの通信により、BREWケータイ上のアプリが自動起動してGPSに接続し、自分の位置情報を入手して返しますので、センターはその返答を地図のURLとして問合せをした側にメールで返すという仕組みです。
 問合せをした側は、メールを受け取ってURLを開くだけで、相手の位置情報が書き込まれた地図を見ることができるわけですから、BREWケータイでなくてもOKで、メール受信とWebブラウザ機能を持つケータイであば、他のキャリアでも構いませんし、PCからでも問合せが可能です。
 しかも、BREWケータイ側は、問合せを許可するメールアドレスと確認できれば、利用者が何もしなくてもアプリを自動起動してサービスを実行しますので、児童や高齢者がトラブルにあった可能性がある場合に、保護者や家族がリモートから位置情報を得ることができるわけです。

 最近ではドコモのケータイを提供するメーカーの代表格として知られる松下グループですが、BREWの関わりは深く、2002年3月に日本初のBREWケータイ「C3003P」を製造したのは松下通信工業(現在のパナソニックモバイルコミュニケーションズ)でした。
 BREWの能力を活かして、キャリアやデバイスの種類を超えたサービスを提供する動きとして、今後の動きに注目したいと思います。

 詳しくは各ニュースサイトの関連記事をご覧ください。

ケータイ Watch
松下、他キャリアからも検索可能なGPS位置確認サービス
[ http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/27976.html ]

インターネットコム
松下、au向け 位置情報検索サービス「どこでも知り隊」を開始
[ http://japan.internet.com/allnet/20060227/4.html ]

|

« 【緊急謹告】アマゾンにおける拙著「Eclipse辞典」の著者名誤記について | Main | ソフトバンククリエイティブ「Cマガジン」を休刊(3/6) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 松下のBREWアプリをリモート起動する位置確認ソリューション(3/5):

« 【緊急謹告】アマゾンにおける拙著「Eclipse辞典」の著者名誤記について | Main | ソフトバンククリエイティブ「Cマガジン」を休刊(3/6) »