« モブキャストのオリジナル性が光るピアニスト犬(?)育成ゲーム(3/14) | Main | 和泉サイバーネットの東村さんによる「てくの電卓」ブログ(3/24) »

March 19, 2006

ソフィア・クレイドルがBREWケータイにWeb 2.0向けXML技術を実装(3/19)

 3月15日、ソフィア・クレイドルはニュースリリース「携帯電話Web 2.0向けXMLソフトウェア技術をBREW上に実装 ~ 携帯電話で世界初、XML文書構造を定義するDTDとXMLSchemaをサポートしたXMLパーサを実現 ~」を発表しました。
 これは、BREW上においてXML文書構造を定義するDTDとXMLSchemaをサポートし、DOMだけでなくSAXにも対応したXMLパーサを開発したというものです。
 このXMLパーサ"pself"(ピーセルフ)は、BREW上においてこれらの技術をサポートするものとしては世界初といわれており、特に、DTDとXML Schemaのサポートは携帯電話では世界初とのことです。

 BREWでのXMLの活用については、既報「「SOAP+salesforce.comがBREWで実現できた理由」がITmedia「BREW最新事情」に掲載(9/17)」で紹介しましたとおり、WEBサービスとダイレクト通信を実現する機能、ケータイ端末内でSOAP/XML文書を解析生成する機能を備えたモジュール「SOAP on BREW」が知られています。
 "pself"は、DTDやXML Schemaをサポートすることにより、このSOAPに加えて、WSDL、UDDIなどのWebサービスにアクセスする機能を簡単に実装できるのが特長の一つです。
 ソフィア・クレイドルは、この技術の具体的な応用例として、「携帯電話Web 2.0 サンプルアプリ」を3月15~16日に京都市にて開催された「第5回ケータイ国際フォーラム展示会」にて、ソースコードをつきで出展しました。
 このサンプルアプリは、オンライン書店としてAmazonのWebサービスが提供している商品情報にアクセスするBREWアプリで、書籍のISBNバーコードをBREWケータイのカメラで自動認識し、AmazonのWebサーバーにそのISBNを送信して、返ってきたXML形式の商品情報を解析して表示するものです。

 このブログもそうですが、mixiに代表されるSNSなども含めて、いわゆるWeb 2.0と呼ばれる「Web自体をアプリケーションのプラットフォームと見なしたソフトウェア技術やサービス」がインターネットの世界で急速に広まりつつあります。
 BREWケータイをこれらのサービスのクライアントとして、フル活用する上で、今回の技術は注目すべきトピックでしょう。
 今後の展開に注目したいと思います。

ソフィア・クレイドル プレスリリース 2006年3月15日
世界初、携帯電話 Web 2.0 向け XML ソフトウェア技術を BREW 上に実装
[ http://www.s-cradle.com/news/pressrelease/2006/20060315.html ]

ITメディア・ビジネスモバイル「BREW最新事情」
SOAP+salesforce.comがBREWで実現できた理由
[ http://www.itmedia.co.jp/enterprise/mobile/articles/0509/16/news047.html ]

|

« モブキャストのオリジナル性が光るピアニスト犬(?)育成ゲーム(3/14) | Main | 和泉サイバーネットの東村さんによる「てくの電卓」ブログ(3/24) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ソフィア・クレイドルがBREWケータイにWeb 2.0向けXML技術を実装(3/19):

« モブキャストのオリジナル性が光るピアニスト犬(?)育成ゲーム(3/14) | Main | 和泉サイバーネットの東村さんによる「てくの電卓」ブログ(3/24) »