« 米VerizonとQualcommが高品質BREWゲームアプリ需要増大を支援(4/17) | Main | 連載コラム第18回「仕事の波を味方につける人、仕事の波に飲まれやすい人(後編)」をヒューマンリソシアホームページにて公開(4/27) »

April 21, 2006

エイタロウソフトのBREWコラム「OpenGL ESにより広がるBREWの世界」(4/21)

 BREW情報のポータルサイトの一つである「BREW JAPAN.COM」には、BREWに関わるキーパーソンがそれぞれの立場からBREWを語る場として注目されている「BREWコラム」が公開されています。
 私自身も拙著「ケータイビジネスを革新する技術 BREW」刊行時にコラム「世界初のBREWの書籍を日本から」を書かせてもらいました(BREWコラム バックナンバー)。
 さて、今回は、最近掲載されたコラムから、(株)エイタロウソフトの代表取締役社長・西島栄太郎さんの「OpenGL ESにより広がるBREWの世界」を紹介しましょう。

 既報「エイタロウソフトによるBREWケータイ初のOpenGL ES対応3Dゲームへの道(2/12)」で取り上げましたとおり、エイタロウソフトは1月26日にニュースリリース「au携帯電話W41シリーズ専用3Dサッカーゲーム『WorldEleven』の配信」を発表しています。
 このコラムでは、エイタロウソフトが、2004年より、OpenGL ESを搭載したチップ「MSM6550」の開発にクアルコムと共に取り組んできたこと、OpenGL ESの搭載により、3Dグラフィックにおけるプログラマーやデザイナーの多大な労力を軽減できることなどが述べられています。
 また、既に海外では多くのパブリッシャーや開発者がOpenGL ESへの取り組みを開始しており、3Dゲームにおいては、急速に海外での市場が拡大していることから、同社が「日本から世界に向けてケータイゲームを牽引するリーディングカンパニーを目指す」とのことです。

 前回「米VerizonとQualcommが高品質BREWゲームアプリ需要増大を支援(4/17)」で説明しましたとおり、業界標準であるOpenGL ES APIのサポートは「これまでなかった新しい3DゲームをBREWケータイで実現したい」という開発者、パブリッシャーを後押しする要素になると思います。
 エイタロウソフトの動向に注目したいと思います。

 詳しくは下記からコラム本文をご覧下さい。

【BREWコラム】OpenGL ESにより広がるBREWの世界
株式会社エイタロウソフト 代表取締役社長 西島 栄太郎 氏
[ http://www.brewjapan.com/column/bn/049.html ]

日経プレスリリース
エイタロウソフト、au携帯電話W41シリーズ専用3Dサッカーゲーム「WorldEleven」の配信
[ http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=121401&lindID=1 ]

|

« 米VerizonとQualcommが高品質BREWゲームアプリ需要増大を支援(4/17) | Main | 連載コラム第18回「仕事の波を味方につける人、仕事の波に飲まれやすい人(後編)」をヒューマンリソシアホームページにて公開(4/27) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27993/9700259

Listed below are links to weblogs that reference エイタロウソフトのBREWコラム「OpenGL ESにより広がるBREWの世界」(4/21):

« 米VerizonとQualcommが高品質BREWゲームアプリ需要増大を支援(4/17) | Main | 連載コラム第18回「仕事の波を味方につける人、仕事の波に飲まれやすい人(後編)」をヒューマンリソシアホームページにて公開(4/27) »