« 米VerizonとQualcommが高品質BREWゲームアプリ需要増大を支援(4/17) | Main | 連載コラム第18回「仕事の波を味方につける人、仕事の波に飲まれやすい人(後編)」をヒューマンリソシアホームページにて公開(4/27) »

April 21, 2006

エイタロウソフトのBREWコラム「OpenGL ESにより広がるBREWの世界」(4/21)

 BREW情報のポータルサイトの一つである「BREW JAPAN.COM」には、BREWに関わるキーパーソンがそれぞれの立場からBREWを語る場として注目されている「BREWコラム」が公開されています。
 私自身も拙著「ケータイビジネスを革新する技術 BREW」刊行時にコラム「世界初のBREWの書籍を日本から」を書かせてもらいました(BREWコラム バックナンバー)。
 さて、今回は、最近掲載されたコラムから、(株)エイタロウソフトの代表取締役社長・西島栄太郎さんの「OpenGL ESにより広がるBREWの世界」を紹介しましょう。

 既報「エイタロウソフトによるBREWケータイ初のOpenGL ES対応3Dゲームへの道(2/12)」で取り上げましたとおり、エイタロウソフトは1月26日にニュースリリース「au携帯電話W41シリーズ専用3Dサッカーゲーム『WorldEleven』の配信」を発表しています。
 このコラムでは、エイタロウソフトが、2004年より、OpenGL ESを搭載したチップ「MSM6550」の開発にクアルコムと共に取り組んできたこと、OpenGL ESの搭載により、3Dグラフィックにおけるプログラマーやデザイナーの多大な労力を軽減できることなどが述べられています。
 また、既に海外では多くのパブリッシャーや開発者がOpenGL ESへの取り組みを開始しており、3Dゲームにおいては、急速に海外での市場が拡大していることから、同社が「日本から世界に向けてケータイゲームを牽引するリーディングカンパニーを目指す」とのことです。

 前回「米VerizonとQualcommが高品質BREWゲームアプリ需要増大を支援(4/17)」で説明しましたとおり、業界標準であるOpenGL ES APIのサポートは「これまでなかった新しい3DゲームをBREWケータイで実現したい」という開発者、パブリッシャーを後押しする要素になると思います。
 エイタロウソフトの動向に注目したいと思います。

 詳しくは下記からコラム本文をご覧下さい。

【BREWコラム】OpenGL ESにより広がるBREWの世界
株式会社エイタロウソフト 代表取締役社長 西島 栄太郎 氏
[ http://www.brewjapan.com/column/bn/049.html ]

日経プレスリリース
エイタロウソフト、au携帯電話W41シリーズ専用3Dサッカーゲーム「WorldEleven」の配信
[ http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=121401&lindID=1 ]

|

« 米VerizonとQualcommが高品質BREWゲームアプリ需要増大を支援(4/17) | Main | 連載コラム第18回「仕事の波を味方につける人、仕事の波に飲まれやすい人(後編)」をヒューマンリソシアホームページにて公開(4/27) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference エイタロウソフトのBREWコラム「OpenGL ESにより広がるBREWの世界」(4/21):

« 米VerizonとQualcommが高品質BREWゲームアプリ需要増大を支援(4/17) | Main | 連載コラム第18回「仕事の波を味方につける人、仕事の波に飲まれやすい人(後編)」をヒューマンリソシアホームページにて公開(4/27) »