« 埼玉県の計測データの69%が光ファイバに!「スピード速報」第8回公開(9/13) | Main | 吉田鎌ヶ迫が多人数参加型ケータイP2Pフレームワークの開発に成功(9/16) »

September 14, 2006

「Java TIPS」連載第4弾3本が@ITのJava Solutionで公開(9/14)

 今回はRunDog.org謹製最新著作の紹介です。

 既報のとおり、今年5月から、ITエキスパートのための問題解決メディア「@IT」にある、Java技術者のための情報提供/情報交換フォーラム「Java Solution」で、技術記事「Java TIPS」の連載(共著)を開始しました。
 これまでに掲載された9本に加えて、下記の3本が9月13日に公開になりました。今回も、初心者~中級者向けに、プログラミングのヒントや、ハマりやすいワナの話、トラブルケースを紹介しています。
 多くの方の仕事や勉強のヒントになりましたら嬉しいです。

【Tips】HIGH-VALUE(絶対的な最大値)を表現するには
 COBOL言語や擬似言語のプログラムでは、絶対的な最大値を意味するHIGH-VALUEが使われることがあるが、Java言語では型ごとに表現が異なり、文字列では工夫が必要
[ http://www.atmarkit.co.jp/fjava/javatips/154java039.html ]

【Trouble】C言語の2次元配列とJavaの"配列の配列"の違い
 C言語などでは2次元配列の要素数×要素数は固定だが、Javaでは可変長の「配列の配列」である為、そのままのロジックで移植すると思わぬ例外が発生することがある
[ http://www.atmarkit.co.jp/fjava/javatips/155java040.html ]

【Knowledge】StringBufferをStringに書き換えるときは参照に注意
 可変であるStringBuffer内の文字列操作を、固定であるStringに置き換えると、文字列の操作により参照が変化するため、参照を用いた動作の結果が変わることがある
[ http://www.atmarkit.co.jp/fjava/javatips/156java041.html ]

 「Java TIPS」は誰でも無料で閲覧可能です。掲載記事一覧は下記からご覧下さい。

@IT > Java Solution > Java Tips
[ http://www.atmarkit.co.jp/fjava/javatips/ ]

|

« 埼玉県の計測データの69%が光ファイバに!「スピード速報」第8回公開(9/13) | Main | 吉田鎌ヶ迫が多人数参加型ケータイP2Pフレームワークの開発に成功(9/16) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「Java TIPS」連載第4弾3本が@ITのJava Solutionで公開(9/14):

« 埼玉県の計測データの69%が光ファイバに!「スピード速報」第8回公開(9/13) | Main | 吉田鎌ヶ迫が多人数参加型ケータイP2Pフレームワークの開発に成功(9/16) »