« 「資格取得の第一歩は”注意深い”情報収集から」(連載コラム第28回)をヒューマンリソシアにて公開(3/7) | Main | 連載初の地方別集計、第一弾は九州+沖縄特集「スピード速報」第34回公開(3/15) »

March 15, 2007

ヨシダカマガサコの「Spear」を採用したリアルタイム通信対戦ゲームがG-modeから(3/14)

 今回はBREW関連のニュースリリースの紹介です。

 8日、吉田鎌ヶ迫(ヨシダカマガサコ)は、ニュースリリース「Gモードがヨシダカマガサコの『Spear』を採用した業界最速のケータイ用P2Pリアルタイム通信対戦ゲーム『マジカルドロップBATTLE』を 3月8日よりauで配信開始」を発表しました。
 これは、ヨシダカマガサコが独自開発した、ケータイ上でのP2Pによる高速リアルタイム通信を世界で初めて実現したフレームワーク「Spear」の採用事例です。

 Gモードの「マジカルドロップBATTLE」は、リアルタイム通信対戦が可能なアクションパズルゲームで、BREWアプリとして配信されています。
 「Spear」を採用することにより、サーバを介さずケータイ同士が直接通信するため、従来に比べ圧倒的に速い通信スピードが実現しているとのことです。

 既報「「コトパラ」のガイドグループに「多人数で行うケータイ上でのスピーディP2P通信を実現する吉田鎌ヶ迫」を掲載(9/21)」などでも紹介しましたとおり、私はヨシダカマガサコの「日本のみでなく世界においてもトップクラスの“ケータイ+P2P”に関する技術力」に注目しています。

 詳細は下記のニュースリリースをご覧下さい。

プレスリリース
Gモードがヨシダカマガサコの「SpearR」を採用した
業界最速のケータイ用P2Pリアルタイム通信対戦ゲーム
「マジカルドロップBATTLE」を 3月8日よりauで配信開始
[ http://www.yoshidakamagasako.com/press/2007/20070308.html ]

|

« 「資格取得の第一歩は”注意深い”情報収集から」(連載コラム第28回)をヒューマンリソシアにて公開(3/7) | Main | 連載初の地方別集計、第一弾は九州+沖縄特集「スピード速報」第34回公開(3/15) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ヨシダカマガサコの「Spear」を採用したリアルタイム通信対戦ゲームがG-modeから(3/14):

« 「資格取得の第一歩は”注意深い”情報収集から」(連載コラム第28回)をヒューマンリソシアにて公開(3/7) | Main | 連載初の地方別集計、第一弾は九州+沖縄特集「スピード速報」第34回公開(3/15) »