« 兵庫県のISPシェアは?「スピード速報」第60回公開(9/25) | Main | 「スキルフレームワークを読むとIT業界が見える」(連載コラム第35回)をヒューマンリソシアにて公開(10/5) »

October 04, 2007

11/13、小樽商大・エバーグリーン講座にてNGNとBREWに関して講演(10/4)

 来月13日、母校である小樽商科大学のエバーグリーン講座(総合科目III)で1コマの講義をさせてもらえることになりました。タイトルは、
「NGNとBREWに見るインターネットとケータイの現状と将来
 - Web2.0時代を超えて大きく進化するネットワークと携帯電話はビジネスをどう変えるか-」

です。実質1時間の短い講義ですが、新世代のネットワークとケータイの最新動向をお伝えできたらと思っています。

【講義概要】

講義日 平成19年11月13日(火) 3講目(12:50~14:20)
場所 小樽商科大学 210番講義室

1. インターネット&ケータイ事始

 1980年に商大に入学したことで、コンピュータの虜となった講師が、コンピュータ業界(後のIT業界)に進み、インターネットに出会うまで、そして、携帯電話がPCを超える「掌中の宝箱」というケータイになっていく姿を著すに至った経緯を、経験談を交えてお話しすると同時に、本講義の前提となる用語・概念の理解を図ります。

2. 携帯電話が「ケータイ」になる意味

 携帯できる電話に過ぎなかった無線通信機が、データ通信とアプリ実行機能の搭載により、IT利用の中心となるまでの歴史と、その基礎となった技術を紹介します。特に、講師が専門としている技術「BREW」を中心に、PCとの技術的な違い、ケータイならではの利点と問題点を、ビジネスの面から述べます。

3. インターネットと電話網の限界とNGNの登場

 IPアドレスの枯渇、セキュリティとモラルの問題、「自由」を守るための「不自由」など、インターネットはある意味で限界に達しつつあり、同時に、一般電話網の老朽化が世界的な問題になっています。ここにケータイ基地局網や、ディジタル回線網も合流させて、効率的で、安全なネットワークにしようというのがNGNです。講師が連載執筆中の「NGNフォーラム」での最新記事を紹介しつつ、NGNの基礎を説明します。

4. ケータイとNGNの将来像

 本講の結びとして、今後ケータイがどうなっていくのか、そこにNGNがどういう形で関わり、私たちの生活やビジネスにどんな影響を与えるのかを考えます。

以上です。久しぶりの母校で多くの方に会えるのが楽しみです。

【for Beginner】BREWとは何か? [ http://bizmakoto.jp/bizmobile/articles/0508/09/news108.html ]

|

« 兵庫県のISPシェアは?「スピード速報」第60回公開(9/25) | Main | 「スキルフレームワークを読むとIT業界が見える」(連載コラム第35回)をヒューマンリソシアにて公開(10/5) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27993/16659740

Listed below are links to weblogs that reference 11/13、小樽商大・エバーグリーン講座にてNGNとBREWに関して講演(10/4):

« 兵庫県のISPシェアは?「スピード速報」第60回公開(9/25) | Main | 「スキルフレームワークを読むとIT業界が見える」(連載コラム第35回)をヒューマンリソシアにて公開(10/5) »