« January 2009 | Main | March 2009 »

February 24, 2009

九州地区は全県でBBIQが平均以上、宮崎では?「スピード速報」第133回公開(2/24)

Downspeed_by_prefkyusyubbiq_re20090 24日、情報ニュースサイト「RBB TODAY」における拙著週刊ミニコラム「スピード速報」の第133回「九州地区は全県でBBIQが平均以上、宮崎では5倍強」が公開されましたのでご紹介します。

 前回に続いて「RBB TODAY ブロードバンドアワード2008 ベストキャリアアワード」のスペシャルをお送りします。毎回、各地区のベストキャリアにスポットライトを当て、いろいろな角度からその強みを検証していきます。

 今回は、九州地区のベストキャリアに輝いたBBIQ(九州通信ネットワーク)の平均ダウンロード速度(ダウンレート)を県別に分析します。2009年1月 13日~2月9日の九州地区における測定データから、キャリアがBBIQと明記されたものを抽出し、県別のダウンレートを求めました。

 下記にて無料公開中ですのでお気軽にご覧ください。

【スピード速報】九州地区は全県でBBIQが平均以上、宮崎では5倍強
[ http://www.rbbtoday.com/news/20090224/58067.html ]

 なお、この記事は多くの皆さんの計測参加に支えられています。より充実した解析を行うために、下記から計測へのご参加を宜しくお願い致します。
[ http://speed.rbbtoday.com/ ]

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2009

中部地区を引っ張るコミュファの最高速時間帯は?「スピード速報」第132回公開(2/19)

Downspeed_by_timezonechubucomufa_re 18日、情報ニュースサイト「RBB TODAY」における拙著週刊ミニコラム「スピード速報」の第132回「中部地区を引っ張るコミュファの8時台は75.1Mbpsの超高速」が公開されましたのでご紹介します。

 今回から数回に渡って「RBB TODAY ブロードバンドアワード2008 ベストキャリアアワード」のスペシャルをお送りしましょう。毎回、各地区のベストキャリア・スピード部門の最優秀事業者にスポットライトを当て、いろいろな角度からその強みを検証していきます。
 今回は、中部地区のベストキャリアに輝いた中部テレコミュニケーション(コミュファ)の平均ダウンロード速度(ダウンレート)の時間帯速度を分析します。2009年1月6日~2月2日の中部地区における測定データから、キャリアがコミュファと明記されたものを抽出し、時間帯ごとのダウンレートを1時間単位で集計しました。

 下記にて無料公開中ですのでお気軽にご覧ください。

【スピード速報】中部地区を引っ張るコミュファの8時台は75.1Mbpsの超高速
[ http://www.rbbtoday.com/news/20090218/57721.html ]

 なお、この記事は多くの皆さんの計測参加に支えられています。より充実した解析を行うために、下記から計測へのご参加を宜しくお願い致します。
[ http://speed.rbbtoday.com/ ]

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 11, 2009

550万人が利用するアプリ「EZナビウォーク」がリニューアル(2/11)

Brew_logo_04先月29日、KDDIグループとナビタイムはニュースリリース「新「EZナビウォーク」について ~誰でも使いやすい「シンプルモード」と便利な機能が充実した「フルモード」の提供開始~」を発表しました。1月末から発売されるauケータイから、よく使うナビの定番・基本機能に絞った「シンプルモード」と、便利な機能が充実した「フルモード」が選択可能になったとのことです。

ナビタイムのナビゲーション技術については、「EZナビウォーク」が公開される前から世界的に注目されていました。そこで、2004年の拙著「ケータイビジネスを革新する技術 BREW」執筆時に、ナビタイム・大西社長へのロングインタビューをさせていただき、同社のゆるぎのない姿勢に大きな感銘を受けたことは、今でも忘れられません。

ニュースリリースによると、「EZナビウォーク」は5周年を迎え、サービス開始からの延べ利用者数が2008年12月末で550万人を突破したとのことです。私自身もほとんど毎日使うアプリであり、ケータイでの通話よりもこのアプリ利用回数の方が多い日もあります。ケータイの利用シーンを大きく変えたアプリと言えるでしょう。

そういえば2006年に「Googleが無料ナビサービスの提供を始めたから、ナビタイムはもうダメだろう、これがWeb2.0だ」というような勘違いも甚だしい講演を聴いたことがありました。一度でも利用してみれば、それぞれの役割の違いがわかったはずです。有償で充実したサービスを提供するナビタイムが伸びていることは、生活をサポートするケータイアプリのあるべき姿を現していると言えるでしょう。

詳細は下記からニュースリリースをごらんください。

新「EZナビウォーク」について ~誰でも使いやすい「シンプルモード」と便利な機能が充実した「フルモード」の提供開始~
http://www.kddi.com/corporate/news_release/2009/0129e/index.html

【for Beginner】BREWとは何か? [ http://bizmakoto.jp/bizmobile/articles/0508/09/news108.html ]

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 10, 2009

Eclipse 3.4からはじめるIDE入門の第4回「アプリケーション開発方法」公開(2/10)

Codezine私が翔泳社WebのCodeZineで連載中の「Eclipse 3.4からはじめるIDE入門」の第4回「Eclipse 3.4でのアプリケーション開発方法(swing/JSP/サーブレット) ~Eclipse 3.4入門~」が公開になりました。
今回は、

Page1
はじめに
swingアプリケーションの開発(1)VEプラグインのインストール

Page2
swingアプリケーションの開発(2)プログラミング
swingアプリケーションの開発(3)実行

Page3
JSPの開発(1)Tomcatのインストール
JSPの開発(2)Tomcat Launcherプラグインのインストール
JSPの開発(3)Tomcat Launcherプラグインの設定

Page4
JSPの開発(4)プログラミング
JSPの開発(5)実行

Page5
サーブレットの開発(1)プログラミング

Page6
サーブレットの開発(2)デプロイ記述の作成
サーブレットの開発(3)実行

という構成になっています。
今回も初心者向けに書き起こし「Eclipseを使うのは初めて」という方でもわかりやすいように仕上げたつもりです。
もちろん無料で閲覧可能です。下記からどうぞ。

Eclipse 3.4でのアプリケーション開発方法(swing/JSP/サーブレット) ~Eclipse 3.4入門~
http://codezine.jp/article/detail/3485

Eclipse 3.4からはじめるIDE入門 (一覧)
http://codezine.jp/article/corner/249

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2009

今年もソフトウェア技術者協会(SEA)教育分科会(SIGEDU)2月月例会の世話人を務めます(2/8)

Sea 今回は、私が参加しておりますソフトウェア技術者協会・教育分科会のイベントへのお誘いです。今月18日、SEA会議室(四谷三丁目=東京都新宿区)で開催される2月月例会の世話人を担当します。

 この会では、毎年2月に私が当番でIT教育&資格の研究会を行っています。今回も話題提供者に加えて、IT教育に関わるキーパーソンが参加して、それぞれの立場からの討論を展開する会になる見込みです。詳細は下記の通りです。

=============================================
ソフトウェア技術者協会 教育分科会 2月月例会
=============================================

資格試験の実施形態に関わる戦略的な意思決定
― AHP による合理的な支援の試み ―

近年の技術発展に伴い資格試験の様々な実施形態が可能になっていて、測定理論の観点からは統計的な方法論による比較評価の研究(Comparability Study)が活発にされています。一方、資格試験は「能力を測定する仕組み」であると同時に、世の中では「能力を証明する機会」としての役割も期待されることが少なくありません。その意味で、資格試験の実施形態を比較し選択する場面では、「測定する仕組みとしての品質」だけでなく、「証明する機会としての品質」も大切な評価軸となるはずです。

今回のSIGEDU定例会の話題として、幾つかの典型的な資格試験の実施形態の中から1つの実施形態を選出するという状況において、主催者の業務負荷や受験者の利便性などの主観的になりがちな評価軸を含めた意思決定の過程を合理的に支するために、AHP(Analytic Hierarchy Process、階層分析法)の適用を検討したいと思います。

今回の定例会では、話題提供者が一方的に情報提供することは考えておりません。話題提供者からは、問題の背景、AHPの概要の紹介、意思決定問題の階層化の話を前半でしますので、後半は参加者の皆さんより発展的なご意見をいただければと考えています。また、もし参加者の中に ISO24773 Software engineering - Certification of software engineering professionals - Comparison framework の話題を提供していただける方がいらしたら、ぜひお願いいたします。

■ 日時: 2009年2月18日(水) 18:30~20:00
■ 場所: SEA会議室(四谷三丁目) SEA会議室は廊下寄りに変わりました。
http://www.sea.or.jp/Maps/Yotsuya.html
■ 話題提供者: 劉 東岳  (プロメトリック株式会社)
■ 月当番: 平野 正喜 (ランドッグ・オーグ)
■ 参加費: ¥1,000(SEA会員、一般、学生とも)
※月例会終了後、有志による懇親会を開催します。(別途実費)
=============================================

ご興味をお持ちの皆さんのご参加を歓迎します。
この記事へのコメントまたは、下記のメッセージポストにてお知らせください。
http://homepage3.nifty.com/rundog/post.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2009

月刊連載コラム「求められるスキル」第51回「UISS新バージョンで情報処理試験の活用が広がる」公開(2/5)

Photo_2 「ヒューマンリソシア」のWebページで掲載中の拙著月刊コラム「求められるスキル・資格とその実情~ システム分析から運用まで ~」の第51回「UISS新バージョンで情報処理試験の活用が広がる」が公開されました。

 今回はこの連載の第46回「UISSで情報システム部の仕事がわかる」のフォローとして、昨年10月末に公開された「情報システムユーザースキル標準(UISS)Ver.2.0」を取り上げます。このUISS新バージョンの最大のトピックは、共通キャリア・スキルフレームワーク、情報処理技術者試験との関係が明記されたことです。この点を中心にUISS改訂のポイントと「求められるスキル」との関連を説明しましょう。

このコラムは誰でも無料で閲覧可能です。全文を下記にてどうぞ。

ヒューマンリソシアのITコンサルタントコラム「求められるスキル」
http://tec.resocia.jp/column_it/index.html

 月刊コラム「求められるスキル・資格とその実情~ システム分析から運用まで ~」では、IT系業種・職種への就職・転職・キャリアチェンジをされた方、希望する方を対象に、知っておきたいノウハウと最新のトピックを無料提供しています。お読みの皆さんのお陰で、連載5年目に突入しました。ご意見、要望をこのブログへのコメントでどうぞ。コメントは当方の確認後に公開しますが、非公開を希望される方は、その旨をお書き添えください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東日本のCATV業者の17%はダウンレート30Mbps超、西日本は?「スピード速報」第131回公開(2/5)

Speed_by_ew_catv_speed_log20090120_ 3日、情報ニュースサイト「RBB TODAY」における拙著週刊ミニコラム「スピード速報」の第131回「東日本のCATV業者の17%はダウンレート30Mbps超、西日本は5%未満」が公開されましたのでご紹介します。

 今回は前回「ダウンレートは東高西低!東日本のCATVは平均50Mbps超」にて予告したとおり、平均ダウンロード速度(ダウンレート)を用いて「高速なCATV業者が多いのは東・西日本のどちらか」を分析します。2009年1月20日~26日の測定データから回線種別がCATVと明記されたものと、判明できたものを抽出してCATV業者ごとのダウンレートを算出し、速度帯ごとの業者数の割合を東日本と西日本に分けて集計しました。

 下記にて無料公開中ですのでお気軽にご覧ください。

【スピード速報】東日本のCATV業者の17%はダウンレート30Mbps超、西日本は5%未満
[ http://www.rbbtoday.com/news/20090128/57375.html ]

 なお、この記事は多くの皆さんの計測参加に支えられています。より充実した解析を行うために、下記から計測へのご参加を宜しくお願い致します。
[ http://speed.rbbtoday.com/ ]

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »