« 月刊連載コラム「求められるスキル」第51回「UISS新バージョンで情報処理試験の活用が広がる」公開(2/5) | Main | Eclipse 3.4からはじめるIDE入門の第4回「アプリケーション開発方法」公開(2/10) »

February 08, 2009

今年もソフトウェア技術者協会(SEA)教育分科会(SIGEDU)2月月例会の世話人を務めます(2/8)

Sea 今回は、私が参加しておりますソフトウェア技術者協会・教育分科会のイベントへのお誘いです。今月18日、SEA会議室(四谷三丁目=東京都新宿区)で開催される2月月例会の世話人を担当します。

 この会では、毎年2月に私が当番でIT教育&資格の研究会を行っています。今回も話題提供者に加えて、IT教育に関わるキーパーソンが参加して、それぞれの立場からの討論を展開する会になる見込みです。詳細は下記の通りです。

=============================================
ソフトウェア技術者協会 教育分科会 2月月例会
=============================================

資格試験の実施形態に関わる戦略的な意思決定
― AHP による合理的な支援の試み ―

近年の技術発展に伴い資格試験の様々な実施形態が可能になっていて、測定理論の観点からは統計的な方法論による比較評価の研究(Comparability Study)が活発にされています。一方、資格試験は「能力を測定する仕組み」であると同時に、世の中では「能力を証明する機会」としての役割も期待されることが少なくありません。その意味で、資格試験の実施形態を比較し選択する場面では、「測定する仕組みとしての品質」だけでなく、「証明する機会としての品質」も大切な評価軸となるはずです。

今回のSIGEDU定例会の話題として、幾つかの典型的な資格試験の実施形態の中から1つの実施形態を選出するという状況において、主催者の業務負荷や受験者の利便性などの主観的になりがちな評価軸を含めた意思決定の過程を合理的に支するために、AHP(Analytic Hierarchy Process、階層分析法)の適用を検討したいと思います。

今回の定例会では、話題提供者が一方的に情報提供することは考えておりません。話題提供者からは、問題の背景、AHPの概要の紹介、意思決定問題の階層化の話を前半でしますので、後半は参加者の皆さんより発展的なご意見をいただければと考えています。また、もし参加者の中に ISO24773 Software engineering - Certification of software engineering professionals - Comparison framework の話題を提供していただける方がいらしたら、ぜひお願いいたします。

■ 日時: 2009年2月18日(水) 18:30~20:00
■ 場所: SEA会議室(四谷三丁目) SEA会議室は廊下寄りに変わりました。
http://www.sea.or.jp/Maps/Yotsuya.html
■ 話題提供者: 劉 東岳  (プロメトリック株式会社)
■ 月当番: 平野 正喜 (ランドッグ・オーグ)
■ 参加費: ¥1,000(SEA会員、一般、学生とも)
※月例会終了後、有志による懇親会を開催します。(別途実費)
=============================================

ご興味をお持ちの皆さんのご参加を歓迎します。
この記事へのコメントまたは、下記のメッセージポストにてお知らせください。
http://homepage3.nifty.com/rundog/post.html

|

« 月刊連載コラム「求められるスキル」第51回「UISS新バージョンで情報処理試験の活用が広がる」公開(2/5) | Main | Eclipse 3.4からはじめるIDE入門の第4回「アプリケーション開発方法」公開(2/10) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27993/43998171

Listed below are links to weblogs that reference 今年もソフトウェア技術者協会(SEA)教育分科会(SIGEDU)2月月例会の世話人を務めます(2/8):

« 月刊連載コラム「求められるスキル」第51回「UISS新バージョンで情報処理試験の活用が広がる」公開(2/5) | Main | Eclipse 3.4からはじめるIDE入門の第4回「アプリケーション開発方法」公開(2/10) »