« CATVダウンレート高速局が多いのは東京と愛知「スピード速報」第148回公開(6/4) | Main | Eclipse 3.4入門第8回「Eclipse 3.4のコード生成&リファクタリング機能」公開(6/18) »

June 05, 2009

クアルコムジャパン Press Roundtable 29 May,2009 ミニレポート(6/5)

Qcom 先月29日、都内のホテルで開催された報道関係者向けの説明会「Qualcomm Press Roundtable」に参加してきました。この説明会は、同社の今後の取り組みを解説するもので、今回はプレスリリース「日本の第三世代携帯電話加入者数が一億人を突破(http://www.qualcomm.co.jp/news/releases/2009/090513_Japanese_Operators_Exceed_100_Million.html)」の発表を受けて、山田純社長みずからによるプレゼンテーションとなりました。

 私自身がもっとも興味を持っているBREW及びBrewMPについては、今回「BREWのアプリケーション配信システムはPlaza Retailへ発展」というテーマで説明がありました。Plaza Retailはマルチプラットフォームをサポートする配信システムであり、BREWだけに限らず、BrewMP、android、Windows Mobile、JavaME、BlackBerryなども対象となっています。つまり、利用者がプラットフォームを意識せずに利用できる配信システムをクアルコムが提供するわけです。

 また、今後のBREWの役割については2つのテーマが上がりました。一つは「ケータイ新興国」向けの役割です。日本や韓国、欧米のようなケータイ先進国ではなく、ケータイシステムを構築中の国や地域において、通話からアプリ配信、課金などのシステムを安全確実に一括導入できます。もう一つは役割の特化です。例えば、昨年紹介しましたAdobe Flashへの対応や、BREWテクノロジを搭載したゲーム機(http://rundog.txt-nifty.com/rundogorg/2009/04/brew410-4b80.html)などです。

 説明会の全容は列席したメディア各社のサイトや新聞・雑誌記事に掲載されていますので、そちらをご覧ください。インプレス・ケータイWatchの太田さんがまとめられた記事「クアルコム山田社長が語る、次世代のクラウド戦略」が非常にわかりやすいと思います。

【for Beginner】BREWとは何か? [ http://bizmakoto.jp/bizmobile/articles/0508/09/news108.html ]

|

« CATVダウンレート高速局が多いのは東京と愛知「スピード速報」第148回公開(6/4) | Main | Eclipse 3.4入門第8回「Eclipse 3.4のコード生成&リファクタリング機能」公開(6/18) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference クアルコムジャパン Press Roundtable 29 May,2009 ミニレポート(6/5):

« CATVダウンレート高速局が多いのは東京と愛知「スピード速報」第148回公開(6/4) | Main | Eclipse 3.4入門第8回「Eclipse 3.4のコード生成&リファクタリング機能」公開(6/18) »