« 謹んで新年のお喜びを申し上げます(1/1) | Main | ヒューマンアカデミー新宿校にてJava・ネットワーククラスの体験セミナー&カウンセリングを行います(1/6) »

January 02, 2010

22日、SEA新春教育フォーラム「ソフトウェア技術者が夢中になる教育美学とは」に登壇します(1/2)

Sea 今回は、1月22日(金)に開催される第18回SEA新春教育フォーラム「ソフトウェア技術者が夢中になる教育美学とは」のご案内です。私も登壇することになりました。基調講演は熊本大の鈴木克明先生で、SEAの頭領でもあるSRA先端技術研究所の岸田孝一さん、漫画家のすがやみつるさん、そして私がパネル討論「受講者が夢中になる教育美学とは」を展開します。下記に案内文書を転載しますので、皆様ぜひご参加ください。

--------------------------------
第18回 SEA新春教育フォーラム

     ソフトウェア技術者が夢中になる教育美学とは

 ソフトウェア技術者協会(SEA)恒例の新春教育フォーラムを下記の要領で開催します。
 ソフトウェア技術者協会は、ソフトウェアの実務者あるいは研究者が、組織の壁を越えて、各自の実践技術や研究成果を自由に交流しあうための場として,1985年12月に設立されました。
 SEAの教育分科会(SIGEDU)は、ソフトウェア技術者教育を主なテーマとして、教育方法の実践技術と研究成果の移転に、長年取り組み続けています。
 教育学は授業研究による感覚的な気づきや振り返りへの関心が高く、インストラクショナルデザイン的な学術への転換が迫られています。一方、インストラクショナルデザインは、美学的視点で見直すことが注目されています。受講者が夢中になって効果が高まる教育芸の追求です。artという言葉は芸と技術の総称ですし、建築学は工学と美学との総体ですから、区別するのがおかしいぐらいです。
 本行事では、芸術を基調テーマとして、基調講演者及びパネリストに多彩な専門家が登壇されます。フロアを交えて新春にふさわしい新鮮な議論を展開しましょう。

1.開催日時
 2010年1月22日(金) 13:30~17:00

2.開催場所
 キャンパスイノベーションセンター 5階リエゾンコーナー
 東京都港区芝浦3丁目3番6号  JR田町駅東口 徒歩一分
 http://www.isl.or.jp/campusinnovation.html (アクセスマップ)

3.実施内容とスケジュール(敬省略)
13:00 開場・受付開始
13:30 開会挨拶・講師紹介 実行委員長 君島浩(筑波大学)

13:40 鈴木克明(熊本大学大学院教授システム学専攻長)
 基調講演「インストラクショナルデザインの美学」
 鈴木先生は最近、パリッシュを中心とするIDの美学の提案を、積極的に日本に紹介してきました。

14:30 パネリストポジションスピーチ(お一人20分) 司会者 君島浩
岸田孝一(SRA先端技術研究所)
 「ソフトウェアと芸術」
 岸田孝一氏は、ソフトウェアの開発・研究のかたわら、詩作、絵画、迷路を創作してきました。ソフトウェア技術と芸術の関係を語ります。

すがやみつる(漫画家、早稲田大学大学院人間科学研究科院修士課程)
 「漫画家のインストラクショナルデザイン修業」
 すがや氏は、「ゲームセンターあらし」「マンガでわかる小説入門」などの著者です。IDに関心を持ち修士課程で研究しています。

平野正喜(ランドッグオーグ)
    「ゲームプログラマ育成現場から見るイマドキの技術者教育」
 平野氏はソフトウェアの教育および著述に携わり、芸術への関心も高く、ゲームプログラマの育成について語ります。

15:40 パネル討論「受講者が夢中になる教育美学とは」
   座長 鈴木克明(熊本大学)
   パネリスト 岸田孝一、すがやみつる、平野正喜(五十音順)
16:50 終了挨拶 ソフトウェア技術者協会幹事 篠崎直二郎(NECソフト)

 都合により、テーマや講師の変更がありえます。
 閉会後、懇親会を行います。(別会費)

4.参加費
 SEA会員:1,000円. 賛助会員:2,000円 一般:3,000円.
 なお、参加費は当日会場受付にてお支払いください(領収書を発行します)。
 申込受付後のキャンセルは原則としてお断りいたします。

5.申し込み方法:定員(40名)
 申し込み先: SEA事務局:kimijima @ cs.tsukuba.ac.jp
  URL http://www.sea.jp/
 問い合わせ先: 実行委員長 君島浩(筑波大学)
  kimijima @ cs.tsukuba.ac.jp

-----------------------------------
SEA-教育フォーラム2010 (1/22 @ 田町)参加申込

氏名:_________ ふりがな(___________)
所属:__________________________
住所:__________________________
電話・FAX:________ / ____________
E-mail: _____________________________
種別(いずれかにチェック・記入):
     □ SEA会員(No: _________)
     □ SEA賛助会員(会社名:_______________)
     □ 一般

この Forum をどのようにして知りましたか?
     □ SEA からの案内で
     □ SEA の Web Page (http://www.sea.jp) を見て
     □ IPA-SEC からの案内で
     □ ML(メーリングリスト)で (ML 名:_________________________)
     □ その他(知人からの紹介 etc.):____________
       *注:賛助会員企業一覧:http://www.sea.jp/sanjo.txt

この Forum であなたが議論してほしいと思っておられることは何でしょうか?
   ________________________________
   ________________________________

今後の SEA Forum で取り上げて欲しいテーマは?
   ________________________________
   ________________________________

-----( テキストメールに限る )----

|

« 謹んで新年のお喜びを申し上げます(1/1) | Main | ヒューマンアカデミー新宿校にてJava・ネットワーククラスの体験セミナー&カウンセリングを行います(1/6) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27993/47181446

Listed below are links to weblogs that reference 22日、SEA新春教育フォーラム「ソフトウェア技術者が夢中になる教育美学とは」に登壇します(1/2):

« 謹んで新年のお喜びを申し上げます(1/1) | Main | ヒューマンアカデミー新宿校にてJava・ネットワーククラスの体験セミナー&カウンセリングを行います(1/6) »