« SEA教育分科会の教育事例研究会(6/11~12)に登壇します(6/3) | Main | 新作「クアルコムの次世代プラットフォーム戦略2010」予約受付中(6/18) »

June 18, 2010

「リズ・ラーマン方式の社会人向け・学生向け講座への適用」@SEA教育事例研究会2010

 6月12日に開催された、第12回教育事例研究会2010のフォローです。
私が持ち込んだテーマ「リズ・ラーマン方式の社会人向け・学生向け講座への適用」について参加の皆さんから多くの指摘と助言をもらいました。
下記に私の発表スライドの内容を転記します。当日加筆編集版です。

------------------------------------------------------
リズ・ラーマン方式の社会人向け・学生向け講座への適用
------------------------------------------------------
平野正喜
HIRANO,Masaki @ RunDog.org
2010/06 @ SEA SIGEDU
教育事例研究会
------------------------------------------------------
自己紹介
------------------------------------------------------
フリーの講使 (※)&作家、元SE/PM。日本で唯一(?)のSEA正会員 兼 劇作家協会正会員
講使としての仕事:大学の資格取得対策講座、ゲームカレッジのプログラミング&ネットワーク講座、社会人の業務作文、新入社員教育のIT基礎講座 他
作家としての仕事:書籍 「Brew」「Eclipse辞典」「HSPA+/LTE/SAE教科書(共著)」「1回で受かるITパスポート合格テキスト(執筆協力)」 、Web 「ITmedia」「@IT」「NGNフォーラム」「ヒューマンリソシア」「RBB Today」他
※あえて講師ではなく「講使」と名乗っています(2006年までは「講士」)。
------------------------------------------------------
リズ・ラーマン方式とは
------------------------------------------------------
Liz Lerman‘s Critical Response Processとは、作品をこきおろすための批評ではなく、作家が評者の意見や感想を上手く反映して作品をより良いものに仕上げるためのプロセス。
ダンサーであるリズ・ラーマン氏が15年ほど前に生み出したプロセスで、ニューヨーク・シアター・ワークショップが未発表新作のリーディングに採用アーチストのもつ優れた点を伸ばすことを目的としたもので、日本劇作家協会では新人の戯曲の批評に用いている
(私自身も今書いている脚本が書き上がる日が来たら、この方式で批評してもらえたらと思っている)
------------------------------------------------------
リズ・ラーマン方式とは(続き1)
------------------------------------------------------
4 段階のプロセスで作品の批評を行う。
作家=作者、発表者。評者=参加者、
評価者
【第1段階】 評者はポジティブな感想・意見だけを述べる
例「○○という言葉が良い」
【第2段階】 作家が聞いてみたいことを評者に質問する(シンプルな質問に限る)
例「○○は△△という意図で書いたが伝わったか?」
【第3段階】 評者が聞いてみたいことを作家に質問する(シンプルな質問に限る)
例「タイトルの意図は?」「○○と△△は無関係?」
------------------------------------------------------
リズ・ラーマン方式とは(続き2)
------------------------------------------------------
【第4段階】 忌憚のない意見・感想・質問を述べ合う(批判的な感想・意見も可)
例「○○の部分は△ △にしてはどうか」「○○は不要では」
作家が希望しない場合、途中で終了可能。
例:批判的な意見を聞くと自身(自信)を失って書くことができなくなってしまう作家は第3段階までにしておく
例:作品の大幅な書き直しを予定していて現段階の作品の良いところだけ残したい作家は第1段階の意見だけを参考に書き直す
大原則として第4段階に突入するまで批判的な感想・意見は厳禁
------------------------------------------------------
リズ・ラーマン方式の留意点
------------------------------------------------------
目的・定義の逸脱に留意すること
・「気づき」「自分探し」ではない
本来はプロ向けなので注意
・自分の作品に対する姿勢ができていない作家には逆効果
------------------------------------------------------
リズ・ラーマン方式の留意点(続き)
------------------------------------------------------
評者の意識を変える必要性
・ 批評=批判ではない
・ 否定的な意見は求められない限り述べない
・ 作家を信じる
作家の意識を変える必要性
・ 批評の主人公は自分である
・ 必要な段階で止められる勇気を持つ
・ 評者を信じる
ファシリテータ(進行役)育成の必要性
・ 各段階を堅持する
・ 評者の言い過ぎを止める
・ 作家の意向を尊重しつつリードする
------------------------------------------------------
活用のための検討ポイント
------------------------------------------------------
第4段階を分割してはどうか
・前半を「建設的な意見、代替案の提示のみOK」としてはどうか
評者のストレスへの配慮
・作家・作品を保護する性格が非常に強い
・評者が「こうすればもっと良くなるのに」というアドバイスを言えないままに終わる懸念
第1段階だけで終えることが繰り返されたら...
・単なる「褒めてちょうだい会」にならないか
・評者が参加しなくなるのでは
------------------------------------------------------
リズ・ラーマン方式の適用案
------------------------------------------------------
社会人向け一般講座
・ 業務作文講座
・ 新入社員研修の各種発表演習
エンジニア、プログラマ向け研修
・ システム設計、プログラミング
 (より良い設計書、プログラムを書くために)
学生向け
・ 技術作文演習
・ ゲームカレッジのプランナ志望者の演習全般
------------------------------------------------------
参考資料
------------------------------------------------------
劇作家協会「新作戯曲・名作戯曲の月一リーディング開催のお知らせ」(案内のみ、詳細なし)
http://www.jpwa.org/main/content/view/92/
Liz Lerman Dance Exchange Performances (英文)
http://www.danceexchange.org/performance/criticalresponse.html
Unlocking the Classroom Liz Lerman‘s Critical Response Process(英文)
http://unlockingtheclassroom.blogspot.com/2009/06/liz-lermans-critical-response-process.html

|

« SEA教育分科会の教育事例研究会(6/11~12)に登壇します(6/3) | Main | 新作「クアルコムの次世代プラットフォーム戦略2010」予約受付中(6/18) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27993/48659425

Listed below are links to weblogs that reference 「リズ・ラーマン方式の社会人向け・学生向け講座への適用」@SEA教育事例研究会2010:

« SEA教育分科会の教育事例研究会(6/11~12)に登壇します(6/3) | Main | 新作「クアルコムの次世代プラットフォーム戦略2010」予約受付中(6/18) »