« クアルコム、Snpdragon S4 "Pro" プロセッサー、LTEブロードキャスト、第三世代LTEチップに関するリリースを発表 | Main | クアルコム、同社とMicrosoft社がSnapdragon搭載Windows on ARMテスト用PCをディベロッパーに提供することに関するリリースを発表 »

March 02, 2012

「応用情報技術者試験合格テキスト」第1章補足 1.1.3〔5〕 ESD破壊と寄生サイリスタ

拙著「応用情報技術者試験合格テキスト 2012年版」の補足です。できれば改版時に追加したいと思います。

第1章1.1.3〔5〕 ESD破壊と寄生サイリスタ 新規
 ESD破壊は、LSIの故障メカニズムの一つです。これは、静電気放電によって,半導体素子が破壊されてしまう現象であり、作業者によるESD破壊は、事前に静電気を安全な方法で放電しておくことで防げます。寄生サイリスタとは、LSIの生産工程において形成されてしまう不適切な回路です。意図しない導通によってLSIが破壊されてしまう危険性があり、寄生サイリスタの発生を防ぐ技術が開発されていますが高コストになるというデメリットがあります。
【略語】 ESD:Electrostatic Discharge

|

« クアルコム、Snpdragon S4 "Pro" プロセッサー、LTEブロードキャスト、第三世代LTEチップに関するリリースを発表 | Main | クアルコム、同社とMicrosoft社がSnapdragon搭載Windows on ARMテスト用PCをディベロッパーに提供することに関するリリースを発表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「応用情報技術者試験合格テキスト」第1章補足 1.1.3〔5〕 ESD破壊と寄生サイリスタ:

« クアルコム、Snpdragon S4 "Pro" プロセッサー、LTEブロードキャスト、第三世代LTEチップに関するリリースを発表 | Main | クアルコム、同社とMicrosoft社がSnapdragon搭載Windows on ARMテスト用PCをディベロッパーに提供することに関するリリースを発表 »