« クアルコムのARソフトウェアプラットフォームVuforiaがリアルタイムの文字認識を今年春のリリースでサポート | Main | クアルコム、2/25-28にバルセロナで開催されるMWC2013に出展、Paul Jacobs会長が基調講演に参加 »

January 30, 2013

応用情報技術者標準教科書(2013年版) 補足「生体認証技術」「隆線」

下記は拙著「応用情報技術者標準教科書」の2014年版(仮称)への追記を検討している項目です。
2013年版の補足として公開します。

p.326 9.1.9 ④生体認証技術 基本情報までで問われる用語・知識の確認【項目に追記】
・生体認証技術
 …。身体的特徴のみならず、行動的特徴を抽出して認証する方式もあります。これは人間のくせを捉えることで、署名するときの速度や筆圧(書きくせ)をデータ化して個人を識別・認証することが該当します。

p.326 9.1.9 ④生体認証技術 基本情報までで問われる用語・知識の確認【項目追加】
・隆線
 指紋を形成する線。隆線の結合点や分岐点をマニューシャといい、これを特徴点として抽出して認証するのが指紋認証です。

p.652 索引【項目追記】
 バイオメトリクス認証 326

|

« クアルコムのARソフトウェアプラットフォームVuforiaがリアルタイムの文字認識を今年春のリリースでサポート | Main | クアルコム、2/25-28にバルセロナで開催されるMWC2013に出展、Paul Jacobs会長が基調講演に参加 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 応用情報技術者標準教科書(2013年版) 補足「生体認証技術」「隆線」:

« クアルコムのARソフトウェアプラットフォームVuforiaがリアルタイムの文字認識を今年春のリリースでサポート | Main | クアルコム、2/25-28にバルセロナで開催されるMWC2013に出展、Paul Jacobs会長が基調講演に参加 »