« January 2013 | Main | March 2013 »

February 28, 2013

クアルコム、Snapdragon 800、600、400、200プロセッサーの詳細を発表

拙著「クアルコムの次世代プラットフォーム戦略2010」のフォローとして、クアルコムからいただいたニュースを転載します。

クアルコムは2月20日(米国時間)に、Snapdragon 800、600、400、200プロセッサーの詳細を発表しました。この発表に関するデモは2月25日からバルセロナで開催されているMobile World Congressのクアルコムブース(Hall 3、#3B64)において公開中とのことです。
以下は抜粋転載です。

--------------------------------

Snapdragon 800、600、400、200プロセッサー

CES2013において、Snapdragon 800、600、400、200プロセッサーを発表しましたが、その詳細及び品番を発表しました。

800、600プロセッサー詳細
URL: http://www.qualcomm.com/snapdragon/processors/800-600-400-200/specs

400、200プロセッサー詳細
URL: http://www.qualcomm.com/media/blog/2013/02/20/qualcomm-reveals-snapdragontm-400-and-200-processors

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 27, 2013

クアルコム、Qualcomm Quick Charge 2.0を発表

拙著「クアルコムの次世代プラットフォーム戦略2010」のフォローとして、クアルコムからいただいたニュースを転載します。

クアルコムは2月20日(米国時間)に、Qualcomm Quick Charge 2.0を発表しました。この発表に関するデモは2月25日からバルセロナで開催されているMobile World Congressのクアルコムブース(Hall 3、#3B64)において公開中とのことです。
以下は抜粋転載です。

--------------------------------

Qualcomm Quick Charge 2.0

URL: http://www.qualcomm.com/media/blog/2013/02/20/qualcommr-quick-charge-20-less-time-charging-more-time-doing

主な内容

・既に70機種以上の端末が対応する通常の充電時間より最大40%高速充電が可能となるQualcomm Quick Charge 1.0に続き、Qualcomm Quick Charge 2.0を発表しました。

・Quick Charge 2.0はSnapdragon 800プロセッサー搭載タブレットやスマートフォン(専用ICまたはパワーマネージメントIC(PMIC)機能の一部として)とACチャージャーの組み合わせで実現します。

・Quick Charge 2.0対応製品は通常の充電時間より最大75%高速に充電が可能となります。充電に7時間以上かかるタブレットはQuick Charge 2.0により3時間以下で充電が完了します。

・Quick Charge 2.0は2014年前半に利用可能となります。

・関連サイト: http://www.qualcomm.com/chipsets/quick-charge

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 26, 2013

クアルコム、Snapdragon Voice Activationを発表

拙著「クアルコムの次世代プラットフォーム戦略2010」のフォローとして、クアルコムからいただいたニュースを転載します。

クアルコムは2月20日(米国時間)に、Snapdragon Voice Activationを発表しました。この発表に関するデモは2月25日からバルセロナで開催されているMobile World Congressのクアルコムブース(Hall 3、#3B64)において公開中とのことです。
以下は抜粋転載です。

--------------------------------

Snapdragon Voice Activation

URL: http://www.qualcomm.com/media/blog/2013/02/20/snapdragontm-wakes-mobile-world-snapdragon-voice-activation

主な内容

・世界初となる低消費電力の常時聞き取り機能を発表しました。

・総合オーディオソリューションであるQualcomm Fluence(tm) PROに追加されたSnapdragon Voice ActivationはSnapdragon 800プロセッサー搭載端末で可能となります。

・端末メーカーが”Hey Snapdragon(tm)”などの言葉をボイスコマンドとしてセットすると、端末所有者が発音したその言葉を端末が聞き取り、キーを押す必要なく、スタンバイモードや機内モードを含む全ての状態から端末が起動します

・Snapdragon Voice Activationは低消費電力で、端末メーカーがセットした言葉を端末の所有者が発音した時のみつながる安全なソリューションです。

・この機能は既に55機種以上が開発されているSnapdragon 800プロセッサーにより実現し、2013年後半に利用可能となります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 16, 2013

クアルコム、LTE TDD/FDD International Summit(GIT Summit)にも参加

拙著「クアルコムの次世代プラットフォーム戦略2010」のフォローとして、クアルコムからいただいたニュースを転載します。

クアルコムは、2月25日から28日にバルセロナで開催されるMobile World Congress (MWC) 2013に出展し、会長兼最高経営責任者のPaul Jacobsさんが基調講演に参加することに加え、LTE TDD/FDD International Summit(GIT Summit)にも参加とのことです。
以下は抜粋転載です。

--------------------------------

Mobile World Congress (MWC) 2013 (http://www.mobileworldcongress.com/) に関し、既に出展および会長兼最高経営責任者のPaul Jacobs(ポール・ジェイコブス)の基調講演への参加をご連絡させていただきましたが、LTE TDD/FDD International Summit(GIT Summit)にも参加する事となりました。
また、弊社が運営するMWC特設ページをオープンしました。今後、逐次情報が掲載されていきますのでぜひご確認ください。

1. 講演 (LTE TDD/FDD International Summit (GTI Summit)) <>

日時: 2月26日(火)9:00-11:00
場所: Hall 8 Theatre District, Theatre B 
講演者: Dr. Paul Jacobs, Chairman/CEO  http://www.qualcomm.com/people/paul-jacobs
MWCウェブサイト:http://www.mobileworldcongress.com/gti/

2. 特設MWCページ <>

MWCに関するプレスリリース、デモ情報等は以下サイトにて御確認ください。
http://www.qualcomm.com/mwc 

3. 基調講演 (Keynote 2: Vertical Disruption)

日時: 2月25日(月)11:30-13:00
場所: Hall 4 - Conference Village - Auditorium 1 
講演者: Dr. Paul Jacobs, Chairman/CEO  http://www.qualcomm.com/people/paul-jacobs
MWCウェブサイト:http://www.mobileworldcongress.com/agenda/
NTTドコモ代表取締役社長の加藤薫氏、GM社Vice ChairmanのSteve Grisky氏と共に登壇します。

4. クアルコム展示

場所: Hall 3、#3B64 http://www.mapyourshow.com/shows/index.cfm?SHOW_ID=MWC13&alt_entry=true&curr_pri=facility&curr_sec=OO
展示内容:
1) Snapdragon : http://www.qualcomm.com/snapdragon
2) LTE Broadcast (eMBMS) : http://www.qualcomm.com/media/documents/content-all-potential-lte-broadcastembms-white-paper
3) 802.1ac : http://www.qca.qualcomm.com/technology/
4) Gimbal (コンテクスアウェアネスソリューション) : https://www.gimbal.com/
5) Qualcomm Life (ヘルスケアソリューション): http://www.qualcommlife.com/
6) AllJoyn (Peer-to-Peer技術) : https://www.alljoyn.org/
7) Vuforia (AR) : http://www.qualcomm.com/solutions/augmented-reality
8) Internet of Everything : http://www.qualcomm.com/solutions/ioe など、

5. GSMA Connected Cityにも参加いたします。

場所: Hall 3、Stands 3B2 および3C2
MWCウェブサイト: http://www.mobileworldcongress.com/connected-city/
展示内容:
1) 1000x : http://www.qualcomm.com/solutions/wireless-networks/technologies/1000x-data 
2) Skifta (メディア変換プラットフォーム): http://www.qca.qualcomm.com/networking/feature.php?feature=34

以上

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2013

総合学園ヒューマンアカデミー東京校学生修了展「ヒューマンスタイル7」

Humanstyle7aHumanstyle7bHumanstyle7c

本日より、私が非常勤講師をしております総合学園ヒューマンアカデミー東京校の学生修了展「ヒューマンスタイル7」が開催されています。
JR/西武 高田馬場駅近くの校舎で、日曜日までの3日間の開催です。
御来場をお待ちしております。
今後を担う若手への声掛けをしていただけましたら幸いです。

以下、https://www.facebook.com/humanstyle7/info より引用

開催日時
平成25年2月15日(金)11:00~18:00
        16日(土)11:00~18:00
        17日(日)11:00~17:00
※学生展示は上記の時間内、ご自由にご覧頂けます。

マンガカレッジ・デザインカレッジ・ゲームカレッジ・ビジネスカレッジの制作発表の場となります。
皆様、是非ご参加ください。

開催場所
●学生作品展示・発表
総合学園ヒューマンアカデミー東京校 本館
東京都新宿区高田馬場4-4-2 教育センタービル
(JR高田馬場駅 戸山口 徒歩1分)
※校舎入口、総合受付においでください。
学生スタッフがご案内いたします。

6F ゲームアニメーションカレッジの作品展示
5F デザインカレッジの作品展示
4F ゲームアニメーションカレッジの作品展示
3F マンガカレッジ・ビジネスカレッジの作品展示
1F ロビー ゲームカレッジ卒業制作を中心に発表展示
      
●懇親会(情報交換会)
2月15日(金)18:10?19:30
ヒューマンアカデミー東京校 早稲田校舎6F (予定)
ご参加企業様と本学園講師陣の情報交換を目的に下記要領で懇親会を実施いたします。
企業様の技術、人材などのニーズ、ご覧になった学生作品の率直なご印象など伺うことで、
今後の学生指導、カリキュラムなどに活かしていく機会に出来ればと考えています。
お飲み物、軽食などもご用意いたします。
ぜひ、ご参加よろしくお願い致します。
(ご参加の場合可否をご連絡いただければ幸いです)

■お問い合わせ・ご連絡先
総合学園ヒューマンアカデミー東京校
ゲーム・アニメーションカレッジ 井上久蔵
Mail:ma-inoue@athuman.com
Tel:03-5389-3752
Fax:03-5386-2437
※尚、教室に関しましては若干の変更の可能性があります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2013

応用情報技術者標準教科書(2013年版) 補足「逆アセンブル」「コンピュータウイルス検出手法の留意点」

下記は拙著「応用情報技術者標準教科書」の2014年版(仮称)への追記を検討している項目です。
2013年版の補足として公開します。

p.340 表9.9 技術的セキュリティ対策の追加要素【行追加】
・逆アセンブル
 バイナリコード(機械語プログラム)からアセンブリ言語で記述されたソースコードを得ることで、新種のコンピュータウイルスの動作を解明する作業を効率化できる

p.340 9.4.2〔2〕コンピュータウイルス検出手法の留意点【中項目追加】
 パターンマッチングでウイルスを検知する方式は,既知のウイルスやその亜種の検知には有効ですが、暗号化された文書中のマクロウイルスの場合、比較による検知ができないため有効とはいえません。また、ファイルのハッシュ値を基にウイルスを検知する方式は,感染前のファイルのハッシュ値があれば比較することでウイルスの感染がわかりますが、未知のウイルスがどのウイルスの亜種かを特定することなどはできません。なお、不正な動作からウイルスを検知する方式は,新種のコンピュータウイルスの動作を解明するのに有効な手法ですが、通常、類似の動作をするウイルスが多くあり、ウイルス名を特定するのに確実な手法とはいえません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2013 | Main | March 2013 »