« 2014/1、CES2014でクアルコム会長兼CEOのDr. Paul JacobsがFutureCast:Global Innovation of Mobile keynote panelに出席 | Main | コラム「ITコンサルタントが語る必要スキル」復元のお知らせ »

April 19, 2014

2014/1/6、クアルコム、TVおよびセットトップボックス向けUltra HDに対応するSnapdragon 802を発表

拙著「クアルコムの次世代プラットフォーム戦略」などのフォローとして、クアルコムから2014/01/07にいただいたお知らせを転載します。

2014年1月6日(米国時間)、クアルコムはプレスリリース「TVおよびセットトップボックス向けUltra HDに対応するSnapdragon(tm) 802を発表」を公開しました。

===以下転載===

Qualcomm Announces New Ultra HD Processor for TVs and Set-Top-Boxes
- Qualcomm Snapdragon 802 Processor Powers Smarter TV experiences at Ultra HD Resolution, Redefining the Connected Living Room Experience -

URL:http://www.qualcomm.com/media/releases/2014/01/06/qualcomm-announces-new-ultra-hd-processor-tvs-and-set-top-boxes

主な内容

・クアルコムは次世代スマートTV、スマートセットトップボックスおよびスマートデジタルメディアアダプター向けに設計された初の統合システム・オン・チップ(SoC)であるSnapdragon 802 を発表しました。

・Snapdragon 802は最新のUltra HD対応スマートTV向けに設計されており、Ultra HDビデオコンテンツのデコード、リッチなユーザーインターフェース、コンソール品質のゲームを提供する事が可能です。

・また、電力効率のよい設計により、テレビ電話をしながらのオンラインゲーム、映画を見ながらのウェブブラウジング、一つのTVで同時に最大4つのHDビデオを再生する事、接続している他のモバイル端末にワイヤレスに情報を共有する事が可能です。

・Snapdragon 802にはクアッドコアKrait 1.8 GHz CPU、Adreno(tm) 330 GPU、Snapdragon StudioAccess(tm)(コンテンツ保護システム)、カスタムAndroidソフトウェアフレームワーク(放送、アナログ、デジタル入出力インターフェースだけでなく、OEMがスマート家電機器に最適化されたAndroidソリューションで性能やメディアを開発する事を可能とするフレームワーク)、Qualcomm(r) VIVE(tm) 802.11ac(Wi-Fi接続)、AllJoyn(tm)ソフトウェア・コネクティビティ・フレームワーク(TVと他の接続製品の相互運用を可能とするAllSeen Alliance(https://allseenalliance.org/ )によって推進されているソフトウェア・コネクティビティ・フレームワーク)などが含まれています。

・Snapdragon 802は今年初めにサンプル出荷され、2014年後半までに商用端末が発売される予定です。

|

« 2014/1、CES2014でクアルコム会長兼CEOのDr. Paul JacobsがFutureCast:Global Innovation of Mobile keynote panelに出席 | Main | コラム「ITコンサルタントが語る必要スキル」復元のお知らせ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2014/1/6、クアルコム、TVおよびセットトップボックス向けUltra HDに対応するSnapdragon 802を発表:

« 2014/1、CES2014でクアルコム会長兼CEOのDr. Paul JacobsがFutureCast:Global Innovation of Mobile keynote panelに出席 | Main | コラム「ITコンサルタントが語る必要スキル」復元のお知らせ »