« December 2015 | Main | February 2016 »

January 31, 2016

2015/9/15, Qualcommの子会社であるQualcomm Life, Inc.がCapsule Technologieを買収した事を発表

拙著「クアルコムの次世代プラットフォーム戦略」などのフォローとして、クアルコムから2015/09/15にいただいたお知らせを掲載します。

---- 以下抜粋転載です ----

Qualcommは9月14日(米国時間)に、Qualcommの子会社であるQualcomm Life, Inc.がCapsule Technologieを買収した事を発表しました。

プレスリリース要約
- Qualcomm Life, Inc.はメディカル端末と臨床データのマネージメントソリューションを38カ国1930以上の病院に提供するグローバルなプロバイダーであるCapsule Technologieを買収した事を発表しました。

- Capsuleの買収により、Qualcomm Lifeのコネクティッドヘルスが病院にもたらされ、また、病院から家庭、全てのその間の関係箇所にシームレスなケアを提供できるようになります。

- Capsule は買収完了後、Qualcomm Lifeの完全子会社となります。

プレスリリース
https://www.qualcomm.com/news/releases/2015/09/14/qualcomm-acquires-capsule-technologie


プレスリリース全文:
Qualcomm Acquires Capsule Technologie
-- Powering medical-grade connectivity and interoperability in the hospital, at home and all points in between --

SAN DIEGO September 14, 2015 Qualcomm Incorporated (NASDAQ: QCOM) today announced that its subsidiary, Qualcomm Life, Inc., has acquired Capsule Technologie, a leading global provider of medical device integration and clinical data management solutions with more than 1,930 hospital clients in 38 countries. Capsule will become a wholly owned subsidiary of Qualcomm Life.

The acquisition of Capsule extends Qualcomm Life’s connected health offerings into the hospital, ultimately creating a more seamless care continuum from hospital to home and all points in between. By combining Qualcomm Life’s wireless expertise and ecosystem of connected medical devices outside of the hospital with Capsule’s leadership for connecting medical devices, EMR’s and IT systems across the hospital enterprise, Qualcomm Life is creating one of the world’s largest open connected health ecosystems to deliver intelligent care everywhere.

Capsule’s leading medical device integration and clinical data management platform enables data collection, EMR and health IT system integration and monitoring in one of the largest ecosystems of connected devices inside the hospital. Capsule’s smart networking goes beyond device integration by delivering timely clinical data to various in-hospital decision support systems, alarm and notification systems and asset management tools, which help reduce latency and transcription errors to ensure timely, informed care.

“Qualcomm is focused on strengthening its position in specific Internet of Everything verticals, like healthcare,” said Derek Aberle, president, Qualcomm Incorporated. “The acquisition of Capsule expands the breadth of our healthcare platform, enabling us to provide connectivity solutions for the entire care continuum and create one of the world’s largest connected health ecosystems. This will be an important step in advancing the Internet of Medical Things.”

“As health care continues to move into the home and ambulatory settings and outside of traditional care areas such as the hospital, the convergence of medical device data from wherever the patient is located is critically important,” explained Gene Cattarina, CEO, Capsule. “Together, Qualcomm Life and Capsule will power this convergence by making data more accessible and interoperable among care teams to provide true continuity of care at the hospital, in the home and at all points in between.”

About Qualcomm Incorporated
Qualcomm Incorporated (NASDAQ: QCOM) is a world leader in 3G, 4G and next-generation wireless technologies. Qualcomm Incorporated includes Qualcomm’s licensing business, QTL, and the vast majority of its patent portfolio. Qualcomm Technologies, Inc., a wholly-owned subsidiary of Qualcomm Incorporated, operates, along with its subsidiaries, substantially all of Qualcomm’s engineering, research and development functions, and substantially all of its products and services businesses, including its semiconductor business, QCT. For more than 30 years, Qualcomm ideas and inventions have driven the evolution of digital communications, linking people everywhere more closely to information, entertainment and each other. For more information, visit Qualcomm’s website, OnQ blog, Twitter and Facebook pages.

This news release contains forward-looking statements that are subject to risks, uncertainties and assumptions. Actual results could differ materially from those expressed or implied by such forward-looking statements. All statements other than those of historical fact could be deemed forward-looking statements, including but not limited to statements regarding: the expected benefits of the transaction; management plans relating to the transaction; the plans, strategies and objectives of management for future operations; product development, product extensions, product integration, new products, sales channels and customers, complementary product offerings and growth opportunities in certain business areas, including the Internet of Medical Things; the potential future financial impact of the transaction; and any assumptions underlying any of the foregoing. Actual results may differ materially from those referred to in the forward-looking statements due to a number of important factors, including but not limited to the possibility that expected benefits of the transaction may not materialize as expected; that Qualcomm Life may not be able to successfully integrate the products and employees of Capsule or ensure the continued performance or growth of Capsule’s products; as well as the other risks detailed from time to time in Qualcomm’s SEC reports, including its most recent Quarterly Report on Form 10-Q for the period ended June 28, 2015. Qualcomm does not undertake any obligation to update, or continue to provide information with respect to, any forward-looking statement, whether as a result of new information, future events or otherwise.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 30, 2016

2015/9/15, Qualcomm,南米の大手携帯電話事業者であるAmerica MovilとGlobal Pass Programで協業することを発表

拙著「クアルコムの次世代プラットフォーム戦略」などのフォローとして、クアルコムから2015/09/15にいただいたお知らせを掲載します。

---- 以下抜粋転載です ----

Qualcommは9月15日(香港時間)に以下のプレスリリースを発表しました。

◆ 南米の大手携帯電話事業者であるAmerica MovilとGlobal Pass Programで協業することを発表しました。

- Qualcomm Global Pass ProgramにAmerica Movilを含めることを発表しました。
- America MovilのGlobal Pass device platform homologation (certification)は2015年9月に終了します。
- 現在までに1080機種以上のQRD(Qualcomm Reference Design)を活用した端末が21カ国以上の国で、発売済みまたは計画されており、また、QRDを活用した420機種以上のLTE端末が発売済みまたは計画されています。
- QRDのポートフォリオにはQualcomm RF360フロントエンドソリューションに対応したSnapdragon 620、618、615、617、410、400、210及び 200プロセッサーに対応したQRD、Snapdragon 410及び210プロセッサーのLTEタブレットレファレンスデザインがあります。

プレスリリース:https://www.qualcomm.com/news/releases/2015/09/14/qualcomm-collaborates-america-movil-global-pass-program

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 29, 2016

2015/9/15, Qualcomm,Snapdragon 410及び210プロセッサーのマイルストーンを発表

拙著「クアルコムの次世代プラットフォーム戦略」などのフォローとして、クアルコムから2015/09/15にいただいたお知らせを掲載します。

---- 以下抜粋転載です ----

Qualcommは9月15日(香港時間)に以下のプレスリリースを発表しました。

◆Snapdragon 410及び210プロセッサーのマイルストーンを発表しました。

-新興市場向けの64-bit、LTEに対応するSnapdragon 410プロセッサーは発売から1年未満で、550以上の機種が開発がされ、2億台以上の端末が60以上のOEMによって発売されています。Snapdragon 410は64-bitに対応した150ドル以下のモバイル向けの初の商用プロセッサーです。
- Snapdragon 210プロセッサーは200機種以上の発売済みまたは計画中の端末に搭載されています。
- Snapdragon 210は、Alcatel OneTouch Pixi 3(5)、ZTE A460、Huawei Bee 4G やHonor 4Aに搭載されており、Snapdragon 410はMotorola Moto G、Asus Zenphone 2 (ZE550KL) 、HTC Desire 510、HTC Desire 626、Samsung Galaxy Mega 2、Xiaomi Redmi 2やBLU Life Oneに搭載されています。

プレスリリース:https://www.qualcomm.com/news/releases/2015/09/15/qualcomm-announces-new-milestone-snapdragon-410-and-210-shipments

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 28, 2016

2015/9/15, Qualcomm,高速充電技術の第三世代となるQualcomm Quick Charge 3.0を発表

拙著「クアルコムの次世代プラットフォーム戦略」などのフォローとして、クアルコムから2015/09/15にいただいたお知らせを掲載します。

---- 以下抜粋転載です ----

Qualcommは9月15日(香港時間)に以下のプレスリリースを発表しました。

◆ Qualcommは高速充電技術の第三世代となるQualcomm Quick Charge 3.0を発表しました。

- Quick Charge 3.0の特徴は以下の通りです。

・ Qualcommが開発した新たなアルゴリズムである、最適な電力伝送のために端末が必要な電力レベルを決定するIntelligent Negotiation for Optimum Voltage (INOV)を初めて搭載しました。

・ これにより、Quick Charge 3.0は3.6Vから20Vの範囲内で200mVごとのフレキシブルな電圧で充電することが可能です。(Quick Charge 2.0は5V、9V、12Vまたは20Vの4つの電圧でのみ充電可能)

・ Quick Charge 3.0はQuick Charge 1.0に比べ最大2倍高速に、Quick Charge 2.0に比べ最大38%効率がアップします。

・ また、Quick Charge 2.0で充電するのに比べ、最大27%高速、または、消費電量を最大45%減少させることが可能です。

・ Quick Charge 3.0はQuick Charge 1.0と2.0や USB Type-Cを含むコネクターと前方および後方互換性があり、特定のケーブルには依存せず、またUL認証を取得しています。

- Quick Charge 3.0はQualcomm Snapdragon 820、620、618、617及び425プロセッサーのオプション機能として搭載され、2016年に発売される端末で利用可能となる予定です。
- なお、Quick Charge 2.0はLG Electronics社を含む20以上のOEMから90以上の製品が発売されています。また、通信事業者や小売事業者からのサポートのほか、いくつかの通信事業者は製品へのQuick Chargeの搭載義務化も行っています。

プレスリリース:https://www.qualcomm.com/news/releases/2015/09/15/qualcomm-introduces-next-generation-fast-charging-technology-quick-charge
ブログ(動画含む):https://www.qualcomm.com/news/snapdragon/2015/09/14/introducing-quick-charge-30-next-generation-fast-charging-technology
ビデオ:https://www.youtube.com/watch v=v0Rhu2YGxeQ
Quick Charge:https://www.qualcomm.com/products/snapdragon/quick-charge

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 27, 2016

2015/9/15, ミッドレンジモバイル端末向けのプロセッサーとしてSnapdragon 430 とSnapdragon 617を発表

拙著「クアルコムの次世代プラットフォーム戦略」などのフォローとして、クアルコムから2015/09/15にいただいたお知らせを掲載します。

---- 以下抜粋転載です ----

Qualcommは9月15日(香港時間)に以下のプレスリリースを発表しました。

◆ Qualcommはミッドレンジモバイル端末向けのプロセッサーとしてSnapdragon 430 とSnapdragon 617を発表しました。

- Snapdragon 430プロセッサーの特徴

・ X6 LTEモデム搭載 (ダウンリンク150Mbps、2x10 MHz キャリアアグリゲーション、アップリンク75Mbpsキャリアアグリゲーション、64-QAM対応)

・ CPU構成:オクタコアARMR Cortex A53 CPUs

・ Qualcomm Adreno 505 GPU、Qualcomm Hexagon DSP搭載

・ Qualcomm Quick Charge 3.0対応

・ Qualcomm Global Pass certification programサポート

・ Snapdragon430搭載端末は2016年第二四半期に発売される見込み。

・ Snapdragon 430詳細:XXXX

- Snapdragon 617プロセッサーの特徴

・ X8 LTEモデム搭載 (ダウンリンク300Mbps・アップリンク100Mbps、ダウンリンク/アップリンク 2x20MHzのキャリアアグリゲーション)

・ CPU構成:オクタコアARMR Cortex A53 CPUs

・ Qualcomm Hexagon DSP搭載 

・ Qualcomm Quick Charge 3.0対応

・ Qualcomm Global Pass certification programサポート

・ Snapdragon 617搭載端末は2015年末までに発売される見込み。

・ Snapdragon 617詳細:XXXX

プレスリリース:https://www.qualcomm.com/news/releases/2015/09/14/qualcomm-announces-addition-two-new-processors-snapdragon-mid-range-lineup
ブログ: https://www.qualcomm.com/news/snapdragon/2015/09/14/snapdragon-617-and-430-build-mid-tier-high-end-features
Snapdragon 430:https://www.qualcomm.com/products/snapdragon/processors/430
Snapdragon 617:https://www.qualcomm.com/products/snapdragon/processors/617

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 26, 2016

2015/9/15, Qualcomm,Snapdragon 820プロセッサーにX12 LTEモデムを統合することを発表

拙著「クアルコムの次世代プラットフォーム戦略」などのフォローとして、クアルコムから2015/09/15にいただいたお知らせを掲載します。

---- 以下抜粋転載です ----

Qualcommは9月15日(香港時間)に以下のプレスリリースを発表しました。

◆ QualcommはQualcomm Snapdragon 820プロセッサーにX12 LTEモデムを統合することを発表しました。
- X12 LTEモデムの特徴は以下の通りです。

- LTE Cat. 12ダウンリンクとCat.13アップリンクをモバイル端末で初めてサポート

・ Cat 12 最大600 Mbpsダウンリンク 

・ Cat 13 最大150 Mbpsアップリンク 

・ 4x4までの MIMO (シングルLTEキャリアで2倍のダウンリンクスループット)

- アンライセンスドバンドもサポートするコネクティビティー

・ QualcommVIVE 802.11cの2x2 MU-MIMO

・ マルチギガビット802.11ad

・ LTEとWi-Fiのリンクアグリゲーション(LWA)

- 方式を超えた包括的な接続

・ LTE及びWi-Fiでの次世代HDボイス通話及びビデオ通話

・ Wi-Fi、LTE、3G及び2Gのコールコンティニュティー

- 革新的なRFフロンドエンド

・ RFパフォーマンスを最適化するAdvanced Closed Loop Antenna Tuner

・ キャリアアグリゲーションに対応したQualcomm RF360 フロントエンドソリューション

・ Wi-Fi及びLTEでのアンテナ共有

- X12 LTEモデムが統合されるSnapdragon 820プロセッサー搭載商用端末は2016年上半期に発売される予定です。

プレスリリース:https://www.qualcomm.com/news/releases/2015/09/14/qualcomm-announces-breakthrough-connectivity-features-snapdragon-820
ブログ(動画含む):https://www.qualcomm.com/news/snapdragon/2015/09/14/snapdragon-820-countdown-breakthrough-lte-and-wi-fi-x12-lte-modem
LTEスピードビデオ:https://www.youtube.com/watch v=UMNrD8ZGJow
LTEアンライセンスドバンドビデオ:https://www.youtube.com/watch t=1&v=EalEd7fu_K0

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 25, 2016

2015/9/10, Qualcomm,高度なコンシューマー向けドローン開発用レファレンスプラットフォームSnapdragon Flightを発表

拙著「クアルコムの次世代プラットフォーム戦略」などのフォローとして、クアルコムから2015/09/11にいただいたお知らせを掲載します。

---- 以下転載です ----

Qualcommは2015年9月10日(米国時間)に、高度なコンシューマー向けドローン開発用レファレンスプラットフォームであるQualcomm Snapdragon Flight を発表しました。Qualcomm_snapdragon_flight

プレスリリース要約
- コンシューマー向けドローンやロボティックスに最適化された58x40mmのボードである開発用レファレンスプラットフォームQualcomm Snapdragon Flightを発表しました。

- Qualcomm Snapdragon 801プロセッサーを搭載したSnapdragon Flightの対応機能は以下の通りです。

・ Qualcomm Hexagon DSPによるリアルタイムのフライトコントロール

・ Qualcomm 2x2 Wi-FiR、Bluetooth 4.0、汎地球航法衛星システム(GNSS)

・ 4Kビデオ、4KステレオVGA、センサーサポート

・ Quick Chargeなど

- Snapdragon Flightはコンシューマー及び業務用ドローン開発のトップ企業であるYuneec社をはじめとしたOEMにおいて利用可能となっており、Snapdragon Flightを搭載したドローンは2016年上半期に発売される予定です。

プレスリリース
https://www.qualcomm.com/news/releases/2015/09/10/qualcomm-announces-reference-platform-high-end-performance-capabilities

ブログ
https://www.qualcomm.com/news/snapdragon/2015/09/10/first-public-demo-snapdragon-flight-robotics-dev-platform-one-worlds


プレスリリース全文:
Qualcomm Announces Reference Platform with High-end Performance Capabilities to Advance Consumer Drones
Qualcomm Snapdragon Flight Supports Small, Light Drones with Advanced Video and Image Capture, Communication and Navigation Features

SAN DIEGO, CALIF. September 10, 2015 Qualcomm Incorporated (NASDAQ: QCOM) today announced that its subsidiary, Qualcomm Technologies, Inc., has introduced Qualcomm Snapdragon Flight , a highly optimized 58x40mm board targeted specifically for consumer drones and robotics applications. Qualcomm Snapdragon Flight is based on a Qualcomm Snapdragon 801 processor, along with robust connectivity, advanced drone software and development tools, bringing cutting-edge mobile technologies to create a new class of consumer drones.

“Today, drones are made from multiple component vendors providing separate solutions for photography, navigation and communications, adding to the cost and bulk of consumer drones,” said Raj Talluri, senior vice president, product management, Qualcomm Technologies, Inc. “The Qualcomm Snapdragon Flight brings together the technologies that have defined the mobile industry onto a single board, enabling OEMs to build drones that are lighter, smaller, easy to use and affordable with long battery life and superior functionalities.”

Qualcomm Technologies also announced that Yuneec, a leading developer of consumer and professional drones with a long history of innovation in electric aviation, will be one of the first companies to embrace the Snapdragon Flight. Yuneec plans to release a drone based on the platform in 2016.

The Snapdragon Flight features advanced processing power, real-time flight control on the Qualcomm Hexagon DSP, built-in Qualcomm 2x2 Wi-FiR and BluetoothR connectivity, and a leading global navigation satellite system (GNSS) optimized to support highly accurate location positioning. The Snapdragon Flight is designed to enable the advanced features that drone consumers want most, including:
4K Video 4K high resolution camera support, image enhancement and video processing capabilities and simultaneous 720p encoding for first person view
Advanced Communication and Navigation Dual-band 2x2 802.11n Wi-Fi, Bluetooth 4.0, and 5 Hz GNSS location capabilities with advanced real-time flight control on Hexagon DSP
Robust Camera and Sensor Support 4K stereo VGA, optic flow cameras, inertial measurement unit (IMU), barometer sensor support and ports for additional sensors
Quick Charge Supporting fast battery charging in between video/picture sessions

“Drones are enabling a broad range of applications such as aerial photography, the ultimate selfie accessory and sports filming, so the ability to shoot in 4K is a must-have feature,” continued Raj Talluri. “Qualcomm Technologies is already a leader in bringing 4K video capture to consumers having over 500 device designs powered by Qualcomm Snapdragon processors with 4K UltraHD video capability, allied with the highly integrated SoC, so it’s natural for us to support the same technologies in the consumer drone space.”

The Snapdragon 801 processor powers some of the world’s most popular smartphones and includes a 2.26GHz quad-core Krait CPU, Adreno 330 GPU, Hexagon DSP, dedicated video encode engine and dual image signal processors (ISP). Together, these form a heterogeneous computing platform to support the development of advanced drone features such as obstacle avoidance and video stabilization.

Availability
Snapdragon Flight is available today for select OEMs, and is expected to be available in commercially available drones by 1H 2016.

About Qualcomm Incorporated
Qualcomm Incorporated (NASDAQ: QCOM) is a world leader in 3G, 4G and next-generation wireless technologies. Qualcomm Incorporated includes Qualcomm’s licensing business, QTL, and the vast majority of its patent portfolio. Qualcomm Technologies, Inc., a wholly-owned subsidiary of Qualcomm Incorporated, operates, along with its subsidiaries, substantially all of Qualcomm’s engineering, research and development functions, and substantially all of its products and services businesses, including its semiconductor business, QCT. For more than 30 years, Qualcomm ideas and inventions have driven the evolution of digital communications, linking people everywhere more closely to information, entertainment and each other. For more information, visit Qualcomm’s website, OnQ blog, Twitter and Facebook pages.

###
Qualcomm, Snapdragon, Adreno and Hexagon are trademarks of Qualcomm Incorporated, registered in the United States and other countries. Quick Charge is a trademark of Qualcomm Incorporated. Qualcomm Snapdragon, Qualcomm Adreno, Qualcomm Quick Charge and Qualcomm Hexagon are products of Qualcomm Technologies, Inc. Qualcomm Global Pass is a solution of Qualcomm Technologies, Inc.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 24, 2016

2015/9/4,クアルコムが加盟しているAllSeen Allianceが標準インターフェースHAEを発表

拙著「クアルコムの次世代プラットフォーム戦略」などのフォローとして、クアルコムから2015/09/04にいただいたお知らせを掲載します。

---- 以下転載です ----

クアルコムが加盟している、Internet of Everythingの製品・システム・サービスの幅広い採用を推進する非営利のオープンソースコンソーシアムであるAllSeen Alliance(https://allseenalliance.org/ )が9月4日(ドイツ・ベルリン時間)、スマート家電やエンターテインメント機器を制御・監視するための標準インターフェース「Home Appliances and Entertainment (HAE)」サービスフレームワークを発表しましたのでご連絡申し上げます。

主な内容:
‐ HAEサービスフレームワークは、近くにある機器やシステム、サービス同士の連携を実現するための開発フレームワーク「AllJoyn」をベースとしています。
‐ HAEサービスフレームワークを開発する主なメンバー企業は、Electrolux社、Haier社、Honeywell社、LG電子社、Lowe's社, パナソニック株式会社、シャープ株式会社、ソニー株式会社です。
‐ どのベンダーのデバイスでも制御・監視できる共通の最小オペレーションセットを特定し、様々な家電・機器を一連の共通インタフェースで制御できるようにすることで、ユーザーがどのメーカーやブランドの家電もシームレスな同様の操作で使えるようにします。

プレスリリースは以下にてご確認ください。
https://allseenalliance.org/announcement/allseen-alliance-develops-service-framework-control-and-monitor-smart-home-devices-and

また、AllSeen Allianceがドイツ・ベルリンに於いて開催されている「IFA 2015」に出展するブース内で、弊社もQualcommのコネクティビティーソリューションやAllJoynが使用されている商用製品などを展示していますので、この機会に最新動向をご確認ください。

◆ 展示 ◆
日時: 9月4日(金) -9月9日(日) 
場所: TecWatch 2015内 ホール11.1、ブース# 34のAllSeen Allianceブース内
     http://www.virtualmarket.ifa-berlin.de/en/AllSeen-Alliance,c364591#hallplan$1252$34
展示内容:  Qualcomm コネクティビティーソリューション、AllJoynが搭載された商用製品など

AllSeen Allianceからの出展の告知:
https://allseenalliance.org/event/ifa-berlin

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 04, 2016

謹賀新年

10636875_1004947899579279_517432390写真は今年も年賀状書きに使っているペンです。
良く見ると、2000年頃にNTT-ATから戴いたノベリティの「時差ペン」でした。
キャップを回すと現地時間がわかるという優れものですが、水性なので年賀状書きにしか使っていませんでした。
16年も使い続けているとは、我ながら物持ち良いなぁと苦笑しています(笑)。
本年もご愛顧のほどを宜しくお願いいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2015 | Main | February 2016 »